韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  玄海原発もう“限界”? 想定以上に劣化か…!!

玄海原発もう“限界”? 想定以上に劣化か…!!

2011-05-31-genpatu-1.jpg

想定以上の劣化か-。運転開始から35年以上経過した九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)の1号機について、原子炉の健全性を評価するため圧力容器内に置いた試験片の温度が事前想定を大きく上回っていたことが分かった。九電は「安全上問題ない」とするが、市民団体などは「想定以上に原子炉が劣化している可能性がある」と指摘している。

電力会社は原発の健全性を評価するために、原子炉内部に原子炉と同じ素材の金属片を設置し、数年~十数年ごとに取り出して核反応による中性子でどの程度劣化したかを検査している。試験片の温度は材質がもろく変化した程度の指標となる。

1号機は加圧水型軽水炉で1975年10月に運転を開始、出力は約56万キロワット。70年代に運転を開始した福島第1原発とともに老朽化が指摘されてきた。

1号機の検査はこれまで4回実施し、指標となる金属片の「脆性遷移温度」は76年に35度、80年に37度、93年は56度だったが、2009年4月は98度まで上昇した。

九電が03年に国に提出した技術評価書のグラフ上は、09年ごろの金属片の脆性遷移温度を70度程度と想定。実際は約30度上回ったことになる。

九電は測定値を基に、圧力容器本体の脆性遷移温度は35年ごろ91度になると推計。「新設原子炉の基準である93度未満を下回っており、安全性に問題はない」と主張しているが、今後、運転期間をめぐる議論に影響を与えそうだ。

(ZAKZAK)


老朽化が進む原発は多い…。。。
今後原発は作れないとなると数年後にはかなりの数の原発は停止する…。。。




[ 2011年05月31日 19:50 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp