韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  小学校教科書問題、日本への対応に韓国与党と政府が対立?韓国!

小学校教科書問題、日本への対応に韓国与党と政府が対立?韓国!

韓国の与党ハンナラ党は1日、日本歴史教科書歪曲問題を論議するための党政調会議を開き、日本の文部科学省が竹島(韓国名:独島)の領有権を表記、記述した社会科教科書の検定を通過させたことに対する、韓国政府の外交政策を強く批判した。


韓国メディアは「日本の官房長官、日本の教科内容は問題ないと発言」「ハンナラ党戦略企画本部長のチョン・ヨオク議員、日本の民主党と自民党は歴史問題に対する立場が歪曲で一致と発言」などと題して、この教科書問題に対する関連記事を続々と報じている。

韓国政府は、日本政府の措置に憂慮を表明しながらも、未来志向的な日韓関係構築の大きなフレームを維持しなければならないとして、愼重な立場を見せたとしている。

一方与党は、独島問題に対する韓国政府の「静かな外交」がむしろ問題を悪化させたとする韓国政府に対して、今後は日本政府へ力強い対応を行うよう促している。


また韓国の国会教科委は、2日にも日本の小学校教科書への独島領有権記載の撤回と、日本政府の謝罪を要求する決議案を採択すると伝えているという。

(サーチナ)


[ 2010年04月02日 22:59 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp