韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  韓国企業を育てる「ソニーの革命家」…!!

韓国企業を育てる「ソニーの革命家」…!!

2011-07-11-korea-6.jpg

「世界のIT産業の中心的な競争力は、大量生産能力から大量の情報処理能力に変わりつつある。韓国の半導体産業は、人件費が安い中国、もしかするとドバイに流出してしまうかもしれない。韓国はアップルより先行できるところに挑戦すべきときがやって来た」

「ソニーの革命家」と呼ばれるソニー・コンピュータエンタテインメントの久夛良木健・元名誉会長は、IT産業界では屈指の経営の大家だ。1993年、同氏は社内の反対を押し切り、ゲーム機「プレイステーション」事業を立ち上げ、売り上げ8300億円にまで育て上げた。プレイステーションのシリーズ製品は94年から世界で3億4000万台が売れた。「サムスン電子が世界第一の半導体企業になる」「インターネットでゲーム機を相互につないで楽しむ時代がやってくる」となど、久夛良木氏が90年代に示した予測は大半が現実になった。

久夛良木氏は今、韓国に目を向けている。先月28日、ソニーのゲーム事業部門の名誉会長を退任した久夛良木氏は最近、東京で記者と会い「投資ファンドの誘いで、コンサルティングを通じ、韓国企業の競争力を高める仕事を引き受けた」と語った。久夛良木氏は米国・東南アジアの投資家が創設した8000億ウォン(約610億円)規模の韓国企業投資ファンド「ハン・アンド・カンパニー・ファンド」の最高経営諮問委員に就任した。尹女乙(ユン・ヨウル)元ソニーコリア、ハン・サンウォン元モルガン・スタンレー・アジア私募ファンド最高投資責任者らが投資を実行し、久夛良木氏は投資先の選定、投資企業の経営改善に向けたコンサルティングを行う仕組みだ。

久夛良木氏は「最近IT産業は激変しており、韓国、以前には日本が誇った『大量投資、大量生産を通じた市場掌握』の時代は暮れようとしている」と話した。個人がパソコンや携帯電話端末にファイルを保存せず、データセンターに保存したデータを必要時に呼び出す「クラウド・コンピューティング」が代表的な変化例だ。久夛良木氏は「インターネットが発達し、数多くの個人の情報が端末の代わりに、グーグルやアップルのサーバーやデータセンターで統合処理されるようになっている。IT機器・部品市場は以前のようには成長しにくい」と指摘した。消費者がさらに性能が良い機械を大量に購入する理由が減っているということだ。

「携帯電話とパソコンでは既に複雑な情報処理部品が減り、今後はさらに減ることになる。代わりにグーグル、アマゾンのデータセンターがサムスンの半導体工場よりも大きくなるはずだ。2000ドル(約16万円)を超えるテレビも、今後は数十万ウォン(数万円)のモニターに取って代わられるかもしれない」

久夛良木氏は「IT機器・部品が簡単になり、値上がりすれば、韓国のIT企業は中国企業との差別化がさらに困難になる」と警告した。


久夛良木氏は、そんな変化に対抗するため、新たな発想が必要だと指摘した。

「アップルのコンテンツサービスがうまくいっているから、うちもコンテンツをやろうといったやり方では駄目だ。まねをすれば、成功する確率は低くなる。データセンターのようなITシステム開発能力にしても、シリコンバレーには中国やインドの人材が豊富にいる。『韓国人だけが』できることを探し出し、先にやらなければならない」

久夛良木氏は「例えば、現在の半導体はクラウド・コンピューティングの概念を設計に反映できず、処理速度が遅い。サムスンがそれを改善した画期的な半導体を開発すれば、中国やアップルは追い付けないはずだ」と指摘した。

久夛良木氏はまた「音楽・映画をインターネット上に保存し、呼び出す程度のことは始まりにすぎない」と述べた。今後は個人のあらゆる生活ぶりを「保存」し、必要なときに映画『マトリックス』のようにバーチャル体験できる「タイムマシーン時代」が来るかもしれないと予測した。

久夛良木氏は、新しい時代に合わせ、韓国企業の躍動性に大きな期待を懸けているという。そして、韓国企業には「ハングリー精神」が生きているとみる。

久夛良木氏は、日本の代表的な親韓派企業人に数えられる。久夛良木氏は遠い祖先が韓国出身で、日本語で「百済の木」を意味する姓を持っていると説明した。「久夛良」は日本で「百済」を指した古語だという。久夛良木氏は自宅の庭に百済様式の石塔を建てたとのことだ。そして、2004年にサムスン電子と液晶パネルの合弁工場(S-LCD)を設立する際にも、ソニーグループの副社長として主導的な役割を果たした。

久夛良木氏は、ソニー時代に半導体や液晶パネルの取引で、サムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)社長、李潤雨(イ・ユンウ)副会長らをはじめ、韓国企業の優秀な人材と底力を知った。そして「韓国企業の競争力強化をソニー出身の自分が助けるのは面白いと考えた」という。

チャレンジを楽しむ個人的な性格も、躍動的な韓国企業の投資コンサルタントを引き受ける上で、影響を与えたという。日本の電気通信大を卒業し、エンジニア畑を歩んだ久夛良木氏は、大学を卒業した当時、周辺が三井や三菱といった有力企業への入社を勧めると「保守的な雰囲気が嫌だ」と言い、当時新興企業だったソニーに応募したという。

久夛良木氏は「われわれが夢だと思っていたことの多くが現実に変わるはずで、現在のIT製品の設計方式と枠組みも大きく変わる。韓国と日本のノウハウを結集し、今後の変化に見合った斬新な事業モデルを開発していかなければならない」と訴えた。

(朝鮮日報)




[ 2011年07月11日 13:40 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp