韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  南北統一しなければ南南統一はできない!

南北統一しなければ南南統一はできない!

2013-10-03-pak.jpg

昨年与野党はともに国民大統合を公約した。しかし国はさらに分列している。朴槿恵(パク・クネ)大統領に対する反対勢力の反感は憎悪になっているようだ。最大野党の報道官が大統領のプロ野球での始球式まで非難するほどになった。プロ野球委員会が要請し、民主党政権の大統領もしていたのに攻撃する。乱戦だ。黒い川の水が社会の合理と法治を脅かしている。

情報機関の大統領選挙介入において与党セヌリ党には原罪がある。1997年の大統領選挙で当時の権寧海(クォン・ヨンヘ)安全企画部長は「北風工作」を主導した。安全企画部は国民の税金で虚偽暴露者を買収し金大中(キム・デジュン)候補を攻撃した。権部長は5年の懲役刑を受けた。そんな彼がこのところテレビで国家情報院の改革を語る。あきれた世の中だ。「北風」の原罪があるのでセヌリ党政権は昨年情報機関職員を厳しく教育しなければならなかった。いつでも過剰に忠誠したりミスを犯す要員がいるためだ。特に大統領選候補に言及するコメントは絶対あってはならない。1つでも100個でも大統領選挙介入議論を呼ぶためだ。

セヌリ党が民主党を「大統領選挙に不服」と攻撃するのも正しくない。民主党の攻勢は行き過ぎだが大統領選挙への不服ではない。不服とは朴槿恵大統領を認めないことだ。大統領を否定すれば彼女が任命した長官を相手に国政監査はできない。民主党は国政監査をはじめとした議院活動を正常に行っている。だから不服ではない。

スポンサードリンク
国家権力の大統領選挙介入において民主党にも致命的な前科がある。2002年4月に民主党の薛勲(ソル・フン)議員は記者会見で李会昌(イ・フェチャン)元ハンナラ党総裁がロビイストの崔圭善(チェ・ギュソン)氏から20万ドルを受け取ったと主張した。これは虚偽だった。大統領選挙後の裁判で薛議員は衝撃的な内幕を暴露した。当時青瓦台(チョンワデ、大統領府)民情秘書官が資料を送り、自分はそのまま読んだだけだったというのだ。青瓦台の核心人物が演出で薛議員は俳優だったのだ。演出は外国に行き、俳優は懲役1年6月(執行猶予3年)を受けた。

同じ民主党政権の青瓦台秘書官が大統領選挙工作を主導したのに盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は謝らなかった。彼が謝らないと攻撃する人もあまりいなかった。罪を犯したのは前の政権であるためだ。当時民情秘書官を指揮した青瓦台秘書室長は朴智元(パク・チウォン)議員だ。それでも朴議員と薛議員はテレビに出て熱心に国家情報院コメント事件を攻撃している。さらに薛議員は大統領選挙不服の話までしている。大韓民国はこのようにあきれる国になっている。

いま検察と国家情報院は激しく争っている。検察は「組織的な選挙介入」と主張する。国家情報院は「一部職員の小さな逸脱」と対抗する。このように重要な対立があれば社会は静かに司法府の判断を待たなければならない。大統領も国会も出てはならない。しかもその間に野党は大統領が個別の事件に言及してはならないと主張してきた。捜査や判決に影響を及ぼしかねないためだ。それでもおかしなことにいまでは大統領に事件を認め謝罪せよと言う。これは大統領に三権分立を破れと注文するようなものだ。

この国では乱戦が広がっている。地域と地域が対立し、勢力と勢力が争い、過去と現在がまぜこぜだ。こうした混戦の核心的な出発点は理念だ。南北の建国と発展をどのように見て、北朝鮮をどのように扱うのかをめぐり共同体が分かれているのだ。結局分断が理念を生み、理念が地域につながっている。こうした事情なので北朝鮮が存在する限り対立のとげは消えないだろう。

そこで南南統一のためにも南北統一を急がなければならない。自由民主統一がなされ北朝鮮がなくなれば理念・地域対立も多く消えることになるだろう。特に進歩勢力は北朝鮮という理念の鎖から抜け出すことができる。理念議論と決別すれば進歩は民主と民生という故郷へ戻ることができる。

統一になれば国全体が変わるだろう。韓国の視野は韓半島全体に広くなる。いや、中国東北3省を超え地球の中心大陸に伸びていくだろう。国の最も重要な課題も変わるだろう。いまは韓国5000万人にだけすべてのエネルギーが注がれている。5000万人がどのように良い暮らしをし、その中でも特にどのような勢力がどれだけさらに良い暮らしをしなければならないかをめぐり争う。だが、統一すればすべてのことが7500万人の問題に変わる。

いま湖南(ホナム)と嶺南(ヨンナム)は枝を争うスズメのようだ。統一すればこの国の多くの指導者がワシになるだろう。スズメの森を離れ韓半島という崖に舞い上がるだろう。

http://japanese.joins.com/article/702/177702.html?servcode=100§code=120


関連記事

[ 2013年10月30日 14:16 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp