韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治
最新記事

コロナ不況を乗り切るカギ? 韓国で「ベーシックインカム」導入論が盛んに

新型コロナウイルスの勢いがいまだ弱まる気配を見せない中、韓国ではベーシックインカムの導入に対する議論が進んでいる。ベーシックインカムとは、政府が財産や所得、そして勤労の有無等と関係なく、無条件ですべての国民に生活に最低限必要な現金を支給する政策である。ベーシックインカムは、フィンランド、カナダ、オランダ等で一部の人や地域を対象に実験的に実施されたことはあるものの、まだ本格的に導入した国はない。2016...続きを読む
[ 2020年08月08日 07:58 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)

GSOMIAいつでも終了可能と言いながら、裏では「忠実に履行せよ」

韓国政府は連日、韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)について「いつでも終了することが可能だ」との立場を示しているが、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は実際には「GSOMIAを忠実に履行せよ」という趣旨の指示を下していたことが5日までに分かった。表面上は日本に対して強硬一辺倒の立場を頑なに守っているように見えるが、裏ではこれとは異なり韓日関係悪化を意識したかのような行動を取っているわけだ。国防部が野党・未来統...続きを読む
[ 2020年08月06日 09:18 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)

日本製鉄「即時抗告」…資産売却は先送りされる見通し

日本製鉄(旧・新日鉄住金)は4日、韓国大法院(最高裁に相当)による徴用賠償判決により資産の差し押さえ手続きが可能になったことについて「徴用に関する問題は、国家間の正式な合意である韓日請求権協定によって完全かつ最終的に解決されたと理解している」「即時抗告を予定している」とコメントした。これに伴い日本製鉄が保有しているPNR(日本製鉄がポスコとの合弁で韓国国内に設立した法人)株は当分現金化されない可能性が...続きを読む
[ 2020年08月05日 09:51 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)

日本企業の「韓国離れ」が加速 徴用工資産現金化「明日はわが身」リスク鮮明に

徴用工訴訟で韓国側による日本製鉄の資産の現金化が現実になれば、日本企業の韓国離れが加速しそうだ。現金化は日本企業が保有する財産への不当な侵害で、多くの企業にとって看過できない行為といえる。今後、日本企業の間でリスク回避を念頭に置いた動きがさらに強まる可能性がある。韓国側が差し押さえているのは日鉄と韓国鉄鋼大手ポスコの合弁会社の株式のうち日鉄の保有分。現金化の対象は約3700万円相当だ。現金化は国家...続きを読む
[ 2020年08月04日 09:21 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)

「弾道ミサイルの射程距離延長」は韓国に有利となるだけなのか

米国が韓国の宇宙発射体への固体燃料の使用を全面許容し、800キロメートルに定められた弾道ミサイルの射程距離の延長にも「柔軟な立場」を持ったと伝えられ、その背景に関心が集まっている。射程距離の延長は、韓国が直接中国の北京を攻撃する能力を備えることになることを意味し、ともすれば次第に露骨になる米中対立の真ん中に立たされる可能性がある。大統領府は先月29日の記者会見で、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が韓米ミ...続きを読む
[ 2020年08月03日 08:56 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)

徴用企業資産売却あすから効力…日本、韓国への送金規制など報復示唆

日本の菅義偉官房長官は、4日から韓国の裁判所の日本製鉄資産差し押さえ決定問い合わせ効力が発生する状況に関して、「(日本政府は)ありとあらゆる対応策を検討(している)」と述べた。韓国で日本の徴用企業の資産売却が実際に行われた場合、報復措置に出る可能性を示唆したものだ。両国間で「強」対「強」の衝突局面が再燃するかもしれないとの見通しもある。菅官房長官は1日、読売テレビの番組で、「ありとあらゆる対応策を検...続きを読む
[ 2020年08月03日 08:12 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)

米韓ミサイル指針改定、固体燃料使用可能に=「射程制限も協議できる」と韓国大統領府

米国と韓国の間のミサイル指針が改定され、韓国が独自に固体燃料ロケットを開発することが可能になった。韓国大統領府はさらなる性能向上に向け、現在800キロとされている射程制限についても「米国との協議できる」と強調。文在寅大統領は「完全なミサイル主権確保へ努力」と言明した。韓国の弾道ミサイル開発を規制するため、1979年に制定されたミサイル指針はこれまでに3回改定され、今回で4回目となる。2017年9月には文大統領と...続きを読む
[ 2020年08月02日 08:26 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(0)
スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp