韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  通貨交換協定再開へ議論開始で合意 「日韓の経済協力は有益」と麻生氏

通貨交換協定再開へ議論開始で合意 「日韓の経済協力は有益」と麻生氏

日本と韓国の財務担当閣僚らによる第7回日韓財務対話が27日、ソウルで開かれ、緊急時にドルなどを融通し合う通貨交換(スワップ)協定に関し、昨年2月に終了したものに代わる新たな協定について議論を始めることで日韓双方が合意した。韓国が提案し、日本側が応じた。財務対話には、麻生太郎副総理兼財務相と韓国の柳(ユ)一鎬(イルホ)経済副首相兼企画財政相らが出席した。

韓国側は、日韓の2国間の経済協力を強化する「証し」として、日本からの支援の方が大きかったこれまでの協定を改め、双方の融通枠が同額となる新たな協定の締結を呼びかけた。 麻生氏は「今後ともグローバルや地域的な話で協調する関係を構築していかないといけない」と答え、両国は新たな協定が地域金融市場の安定を高めるとの点で一致した。新たな協定締結に向けた協議は今後行い、締結の時期や金額について詰めていく。

麻生氏は終了後、記者団の取材に応じ、韓国側が新たな協定への議論の開始を提案したことについて「いざというときのために(外貨は)用意しておくべきではないか。韓国が(そのように)必要だと判断したと思う」と述べた。その上で「日韓の経済協力は有益であり、地域の持続的経済成長に資するものだ」と強調した。

ただ、財務相同行筋は「論点は山ほどある。新たな協定の締結は簡単なものではなく、楽観はしていない」と指摘した。
日韓財務対話の開催は昨年5月に東京で開催されて以来。


スポンサードリンク


【用語解説】日韓通貨交換協定
外国為替市場で円やウォンが暴落する事態に備えた日韓両国間の取り決め。米ドルなどを互いに融通できるようにして自国通貨を買い支える。アジア通貨危機を教訓に平成13年に開始。24年に当時の李明博大統領が竹島(島根県隠岐の島町)に上陸するなどで日韓関係が悪化、昨年2月に打ち切られた。
http://www.sankei.com/economy/news/160827/ecn1608270023-n1.html

【管理人 補足記事&コメント】
韓国が27日開かれた韓日財務相会談で、日本の通貨スワップ協定の締結を提案したと naver.com が報じた。韓国語版を和訳すると過去の・領土問題で両国の経済協力まで冷え込み、昨年2月に通貨スワップ協定を終了後、およそ1年6ヶ月ぶりの再開要請となる。韓日両国は今後協定締結のための具体的な事項を議論することにした。THAAD(高高度ミサイル防衛システム)配置決定後に、両国が関係改善に乗り出すための措置とみられる。

ユイルホ経済副首相兼企画財政部長官は同日、政府、ソウル庁舎で麻生だと(麻生太郞)日本副首相兼財務相と第7次韓・日の財務相会談を終えた後、「両国間の経済協力の象徴的な意味を考慮して、麻生副総理に通貨スワップ議論の開始を提案した」と明らかにした。ユ副首相は、続いて「両国は具体的事案について議論を開始することにした」と述べた。 ユ副首相は、会談を終了し、「今回の会議は、両国間の未来志向の協力関係を新たに提示した」と述べたている。両国の経済首長は会談開始から終始、明るい雰囲気を演出したとしている。

またユ副首相は、会談開始直後の両方発言で「韓日両国の関係について、メディアだけでなく、国民皆かなり関心を持っており、特に最近の国際経済状況を考えると、両国間の協力が非常に重要である」とし「両国間の関係改善に役立つことができるように、相互に協力していくことを提案する」とした。また麻生副総理は、韓国が今回のオリンピックでアーチェリーでメダルを独占したことを述べながらも、日本が陸上リレー400mで銀メダルを取ったことをめぐり「(日本は)世界中の人々が一緒に競争する種目で良い結果を得た」とした。しかし、会談の雰囲気は良かったというのが参加者の見方だという。

韓日は、過去2012年8月、李明博大統領の独島訪問と続いて日本安倍政権の相次ぐ右傾化の歩みに関係が悪化し、昨年2月に最終的に満期を再延長しないまま協定を中断した。国内ドル不足時、他国ではすぐに主要国の準備通貨を借りて来ることができる処置である通貨スワップは、過去97年の通貨危機と2008年のグローバル金融危機を経験した韓国としては第2の外貨準備高とされる強力な安全策であると説明している。

2001年以降、続いてきた通貨スワップが14年ぶりに終了したことについて、当時の日本側は、韓国政府が満期再延長を要求していなかったと主張している。李明博大統領独島訪問以降、日本側が当然終了するスワップについてドルの需給上の重大となる事は無いと主張した。しかしこの日の通貨スワップ締結の提案は、サプライズに近い。今回の会議を控え、日韓通貨スワップが再開されるのかが関心事出会ったとは言え、政府は会議二日前、25日まで「韓日通貨スワップは、今回の会談の議題に含まれていなかった」としている。

まぁ~単純に訳すと上記となる。サプライズ提案と言う意図を考慮すると、麻生総理も前向きに検討するとしたに過ぎない。正式決定は数か月先であるから、その間に日本政府内で話し合われる事になる。日本国内では、かなりもめるのではないか…。すんなりとはゆかないと思うが…。一方韓国政府からの話としては前からの思惑であるからサプライズ発言は嘘だろう。日本は見返りとしてTHAAD配備で自国防衛につながる事の重大さによるだろうと思うが、私は通貨危機が今年と予想してきたわけで、現実発生する可能性の多きいいことを裏付ける結果となった気がするが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年08月28日 10:47 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp