韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  > 
最新記事

三星電子とSKハイニックスが成果給引き上げ競争

三星(サムスン)電子とSKハイニックスが、「成果給競争」に火をつけている。半導体部門で最大の業績を記録したことへの補償のほか、ライバル企業への人材流出を防ぐための内部取り締まり用という分析が出ている。このような補償競争は、情報技術(IT)業界から大企業にまで広がり、今後、人材を守る競争はさらに激しくなる見通しだ。三星電子の慶桂顯(キョン・ゲヒョン)DS部門長(社長)は26日、役職員対象の第1四半期...続きを読む
[ 2022年01月27日 09:50 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)

米国の半導体在庫が5日分未満、供給難は少なくとも6カ月以上続く

世界的な半導体の供給難が深刻化しており、各企業の半導体チップの在庫量が2年ぶりに8分の1の水準に落ち込んでいるという調査の結果が出た。 米商務省は25日(現地時間)、半導体供給網に関する情報を取りまとめた結果、このような結論を下したと明らかにした。今回の発表は、商務省が昨年11月、三星(サムスン)電子やSKハイニックスをはじめ、世界中の150余りの半導体メーカーおよび需要企業から在庫と販売情報など...続きを読む
[ 2022年01月27日 09:45 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(1)

下落続く韓国KOSPI…底打ちはまだ遠い?

米国発の金融引き締めの恐怖によって、韓国総合株価指数(KOSPI)の下落が止まらずにいる。2900、2800台を相次いで割り込んだ後、2700台まで脅かされている。世界中の金融市場が米連邦準備制度(Fed)の金融引き締めに対する懸念で揺らいでいるが、韓国の株式市場の衝撃はとりわけ大きい。底打ちはまだ遠いという暗い見通しも出ている。25日、KOSPIは前営業日より2.56%(71.61)急落した2720.39で取引を終えた。終値基準では昨年1...続きを読む
[ 2022年01月27日 09:37 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)

韓国で自律走行ロボット、来年から歩道・横断歩道を通行可能に

韓国で自律走行ロボットの歩道・横断歩道の通行を許容する措置が、当初計画された2025年から2年前倒しされる。自律走行ロボットは未来配送産業の重要な要素に挙げられる。ユン・ソンウク国務調整室国務2次長は26日、自律走行ロボットに関する規制改善懇談会を開き、その席で「重要な事案である歩道・横断歩道の通行許容は当初の計画より操り上げて来年までに完了し、公園への出入り許容と個人情報保護法の改正は今年中に完了するだ...続きを読む
[ 2022年01月27日 09:28 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)

韓国「2月に最大12万人」予想…非常事態を防ぐシナリオはあるのか

オミクロン株の感染拡大の余波で、新型コロナの新規感染者が初めて1万人を超えた。政府は、29日から全国単位でハイリスク群を中心にPCR検査が可能になるよう、オミクロン株対応体制に転換することにした。急激な感染拡大が予想される状況において、患者の管理だけではなく、保健医療や教育などの社会の必須機能が止まらないようにする対応策も、急いで整備しなければならない状況だ。中央防疫対策本部(防対本)は、26日0時基準の...続きを読む
[ 2022年01月27日 09:23 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)

現代自動車、鄭義宣会長の「適正価格販売」で、営業利益179%急増

現代自動車が昨年の半導体需給難にも6兆6700億ウォン(約6342億円)台の営業利益を上げ善戦した。売り上げも117兆ウォンを超え過去最大を記録した。現代自動車は25日、昨年の売り上げが117兆6106億ウォン、営業利益が6兆6789億ウォンを記録したと公示した。売り上げは過去最大、営業利益は前年の2兆3946億ウォンから3倍近い規模だ。2014年の7兆5500億ウォン以来の好実績だ。今回の現代自...続きを読む
[ 2022年01月26日 08:26 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)

パナソニック、走行距離20%延ばしたバッテリー、米テスラに供給

日本のパナソニックが、走行距離性能を20%向上させた電気自動車(EV)用新型バッテリーを来年から大量生産する予定だと日本のメディアが報道した。EV市場が拡大する中で、重要部品であるバッテリー市場で韓国・日本・中国が激しい競争を繰り広げている。日本経済新聞は25日付の紙面で「パナソニックは2023年にも電気自動車(EV)用の新型リチウムイオン電池を量産する。EVの航続距離を従来より2割長くでき、電池重量あたりの航続...続きを読む
[ 2022年01月26日 08:13 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(1)
スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp