韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  > 
最新記事

「ベンツの変心」 電気自動車に中国CATL搭載…韓国バッテリーは存在感低下か

ドイツのメルセデスベンツが最高級電気自動車モデル(EQS)に中国CATLのバッテリーを搭載する。欧州で「K(韓国)バッテリー」の存在感が低下するのではという懸念が出ている。業界によると、ベンツは最高級電気自動車セダン「EQS」に中国CATLの角型・パウチ型バッテリーを搭載することにした。ベンツ「Sクラス」の名にちなんだEQSには、メルセデスベンツの電気自動車専用プラットホームが初めて適用された。ベ...続きを読む
[ 2021年04月19日 09:06 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)

LGエネルギーソリューション、GMと合弁で米にバッテリー第2工場を設立

LGエネルギーソリューションとジェネラルモーターズ(GM)は16日(現地時間)、米国で電気自動車バッテリーの第2合弁工場への投資発表行事を行った。米テネシー州ナッシュビルに位置する州博物館で開かれた今回の行事には、メアリー・バーラGM会長、ビル・リー・テネシー州知事、金鐘現(キム・ジョンヒョン)LGエネルギーソリューション社長らが出席した。両社はこれに先立って、合弁会社「アルティアムセルズ」を通じ...続きを読む
[ 2021年04月19日 08:50 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)

「バッテリー同盟」の現代自とSK、ハイブリッド車バッテリー開発に着手

現代(ヒョンデ)自動車グループとSKイノベーションが、2024年から発売を開始するハイブリッド車両(HEV)用バッテリーの開発に乗り出す。開発初期段階から自動車業界とバッテリー業界が手を組むのは、韓国内では初めて。グローバル電気自動車市場で活発に展開されている戦略的同盟に対応するためだ。昨年、国内各グループのトップ間の「バッテリー会合」が実を結んでいるという分析も出ている。現代自・起亜(キア)、S...続きを読む
[ 2021年04月19日 08:44 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)

半導体、「台湾の存在が無視できないほど巨大に」と韓国紙、自国超えに危機感も

世界的に半導体不足が深刻化する中、韓国紙は海外メディアの記事を引用し、「台湾の存在が突然、無視できないほど巨大になった」と評した。台湾には「韓国より多彩な半導体産業が共存」と指摘。現地では「韓国を超える半導体大国になろうという声が高まっている」と危機感を募らせた。朝鮮日報によると、米ブルームバーグ通信は今年1月末、「今世界は危険なほど台湾製半導体に依存している」と報じた。記録的な寒波で米国内での半...続きを読む
[ 2021年04月19日 08:36 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)

韓国は米国に半導体投資すべき…中国を意識する必要ない

12日(現地時間)、バイデン米大統領はサムスン電子など世界の主要半導体関連企業19社をホワイトハウスに呼び集めた。オンライン会議だったが、重みがあった。半導体不足でGM・フォードなど米国企業のほか、韓国・ドイツなど主要企業が工場の稼働を中断したり、中断する状況を迎えているからだ。韓国からはサムスン電子の崔時栄(チェ・シヨン)ファウンドリー事業部長(社長)が参加した。この席でバイデン大統領は国籍に関...続きを読む
[ 2021年04月18日 08:20 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)

米ホワイトハウスがサムスン・LG・SKに直接電話する理由

サムスン、現代自動車、SK、ポスコ、ハンファなど韓国の大手企業はどこもワシントンにオフィスを構えている。ワシントンで米国の行政府や議会の動向を把握し、関連する事業分野における政策の方向性を確認し、政府とその周辺の主要な人物と人脈を築き、米国と世界で事業を行えるようその企業にフレンドリーな雰囲気をつくり上げることが目的だ。研究開発に投資し、慈善事業に寄付することで好感度と魅力を高め、良い企業イメージも...続きを読む
[ 2021年04月18日 08:15 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)

北朝鮮、3000トン級潜水艦の建造終え進水時期を検討、SLBM3発が搭載可能

北朝鮮が3000トン級の新型潜水艦の建造を終え、進水の時期を検討している段階にあると米韓の情報当局が分析しているもよう、と聯合ニュースが報じた。潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)3発を搭載可能とみている。韓国国防部は「さまざまな可能性を念頭に置いて対応態勢を整えている」と警戒している。新型潜水艦をめぐっては2019年7月に北朝鮮メディアが建造現場を金正恩国務委員長(朝鮮労働党総書記)が視察したと報道したことで、...続きを読む
[ 2021年04月18日 08:02 ] カテゴリ:北朝鮮 | TB(0) | CM(0)
スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp