韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  > 
最新記事

サムスン、グーグル、ソニーも!スマホメーカーの中国生産撤退が相次ぐ理由

「世界の工場」と呼ばれ、外国企業や工場の進出を受け入れてきた中国。安くて豊富な労働力や鉱産資源、広大な用地などをウリに世界中に製品を届けてきた。特に電子機器の製造はラジカセからスマホまで担ってきた。事実、アジア開発銀行の2015年のリポートによると、2000年から2014年の間に、電子通信機器や医療機器などのハイテク製品の、アジアでの輸出における中国のシェアは9.4%から43.7%へと拡大している。しかし現在、そん...続きを読む
[ 2020年01月19日 15:34 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)

“落日”の韓国・文政権! 中国経済共倒れ・サムスン大幅減益・検察の逆襲で窮地に

韓国経済が「最底辺」であえいでいる。名目経済成長率は先進国で最下位の水準まで落ち込み、最大手企業のサムスン電子も大幅減益となった。経済依存度が高い中国も減速が止まらず、共倒れの危機は続く。窮地の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が「反日」を仕掛けても国民感情は落ち込み、不支持率が5割を突破した。検察も逆襲に転じ、経済界からの「反文政権」の声も強まる一方だ。韓国の世論調査会社リアルメーターが16日に発表...続きを読む
[ 2020年01月19日 12:36 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)

ストライキの直撃弾浴びた韓国車…金融危機以来の生産400万台割れ

昨年の韓国国内の自動車生産台数が400万台を割った。年間生産台数が400万台を下回ったのはグローバル金融危機の余波があった2009年以来10年ぶり。韓国GMなど国内生産企業に深刻な労使紛争があったうえ、ルノーサムスン自動車の委託生産が減少した影響だ。産業通商資源部が16日に発表した「2019年12月の国内自動車産業月間動向」によると、昨年の自動車企業の国内生産台数は395万1000台と、前年比で7...続きを読む
[ 2020年01月19日 09:23 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)

息を吹き返すサムスン電子 懸念は輸出管理厳格化と総帥不在

半導体市況の悪化で業績がいま一つ振るわなかった韓国サムスン電子。2020年12月期は一転して息を吹き返しそうだ。韓国メディアなどによると、市況の改善に加え、高速大容量の第5世代(5G)移動通信システムの商用化が追い風となって半導体とスマートフォンの主力2事業が拡大。2年ぶりに増益を確保する勢いという。足元の株価も比較的堅調に推移しており、市場の期待も高まっている。サムスンが今月上旬に発表した19年...続きを読む
[ 2020年01月19日 09:10 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)

米国債保有額、世界1位は日本…2位の中国との格差も拡大

日本が米国債保有額で世界1位を維持し、2位の中国との格差を拡大したことが分かった。17日付けのブルームバーグ通信によると、米財務省は前日に公開した昨年11月基準の報告書で日本の米国債保有額は1兆1600億ドル(約127兆8000億円)で、前回の資料公開時期の昨年6月に比べ72億ドル減少したが、依然世界1位だったと発表した。中国は同期間の米国債保有額が1兆900億ドルで124億ドル減少し、昨年6月に...続きを読む
[ 2020年01月19日 09:00 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
最新コメント


サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp