韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際
最新記事

インドネシア、資金不足で韓国型次世代戦闘機購入できないと言ったのに…仏戦闘機48機購入推進

韓国型次世代戦闘機(KF-X)共同投資・開発国のインドネシアが韓国政府に約束したKF-X事業分担金支払いに難色を示しながら、他の国とは戦闘機・潜水艦など大規模武器購入交渉を進めていることが分かった。文在寅(ムン・ジェイン)大統領まで防衛産業セールス外交に動いているのに、インドネシアがKF-X事業以外に二心を抱いたのではないかとの懸念が防衛産業業界から出ている。最近、仏経済専門紙「ラ・トリビューン」...続きを読む
[ 2020年01月21日 10:07 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(2)

米中貿易戦争は2000億ドルの休戦

ドナルド・トランプ米国統領が15日(現地時間)、米ワシントンのホワイトハウスで劉鶴中国副首相と第1段階の貿易合意に署名した。2018年3月にトランプ大統領が、中国産輸入品500億ドル分に関税を課す行政命令に署名後、貿易戦争に突入した両国が、約22か月ぶりに休戦に合意した。同日公開された94ページの合意文によると、中国は今後2年間、農産物、工業製品、サービス、エネルギーなどの分野で計2000億ドル(...続きを読む
[ 2020年01月17日 12:11 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)

貿易戦争に勝者なし、双方が譲歩=世界各国も安堵、日本にもメリット大

米中両国は1月15日、ワシントンで貿易協議での「第1段階の合意」について署名式を行った。米国は19年12月に予定していた追加関税の発動を見送り、19年9月に発動した関税も一部引き下げる。中国は米国からの農産物輸入を拡大する。11月の米大統領選で再選を狙うトランプ大統領と経済減速を回避したい習近平政権の思惑が一致。これにより米中経済摩擦は「休戦」に向かい、各国の経済界や市場も安堵した。 米中摩擦は、次代の「覇権...続きを読む
[ 2020年01月16日 08:31 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)

2・16“新軍事作戦”で正恩氏を排除!? 米情報当局「トランプ氏は変わった。やる気だ」 “究極の裏切り者”韓国は無視!

ドナルド・トランプ米大統領が、「軍事オプションの選択」に自信を深めている。全面戦争を回避しながら、米軍が「テロの首謀者」としてイラン革命防衛隊のガーセム・ソレイマニ司令官を除去(殺害)したのだ。次なるターゲットは、核抑止力開発の継続と、「新たな戦略兵器」導入を表明した北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長との見方が強い。《正恩氏が、実父の金正日(キム・ジョンイル)総書記の誕生日(2月1...続きを読む
[ 2020年01月15日 09:53 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)

ゴーン被告“マネロン疑惑”に米当局が重大関心! 各国当局が「ゴーン・マネー」あぶり出しに本腰か

保釈中にレバノンに逃亡した日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告(65)=会社法違反(特別背任)罪などで起訴=をめぐり、米当局が動き出した。日本の検察関係者が「まるでマネーロンダリング(資金洗浄)」とする日産資金の還流疑惑について、米国在住の同被告の息子や娘から事情を聴いたのだ。日本の捜査当局は、ゴーン被告に加え、妻のキャロル・ナハス容疑者(53)=偽証容疑で逮捕状=についても国際刑事警察機構(I...続きを読む
[ 2020年01月12日 12:30 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)

イラン軍 撃墜を認める ウクライナ機墜落 人為的なミスで

アメリカとイランの軍事的な緊張が高まっていた今月8日、180人近くの死者を出したウクライナの旅客機の墜落に関して、イランは誤って撃墜したとして謝罪の意を示しました。欧米各国がイランによる撃墜を主張し、原因究明の動きが本格化する中、この問題での対立の長期化を避けたいという思惑があるとみられます。今月8日、イランからウクライナに向けて首都テヘラン近郊の空港を飛び立ったウクライナ国際航空の752便は離陸後まも...続きを読む
[ 2020年01月12日 09:48 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)

米・イラン「戦争回避」に安堵=今こそ日本の出番

新年早々米国とイランがあわや軍事衝突かとのニュースに衝撃を受けたが、その後両国ともに自制的に対応したため、ほっとした。まだまだ油断ならないが「戦争は望んでいない」とのトランプ米大統領の言葉を信じたい。米軍がイラクの首都バグダッドで、イランの精鋭部隊・革命防衛隊の実力者ソレイマニ司令官らを空爆によって殺害。イラン側は直後にミサイルで報復したため制御不能の混乱に陥る恐れもあった。その後、トランプ大統領...続きを読む
[ 2020年01月12日 08:13 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
最新コメント


サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp