韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  「韓国軍に慰安婦の導入が急務」韓国大統領府への請願が波紋呼ぶ

「韓国軍に慰安婦の導入が急務」韓国大統領府への請願が波紋呼ぶ

2017年11月20日、韓国・マネートゥデイなどによると、「軍内に慰安婦を再創設してほしい」との国民からの請願がこのほど韓国大統領府公式サイトに書き込まれ、波紋を呼んでいる。問題の書き込みは間もなく削除されたというが、続いてこの請願者への処罰を求める請願が掲載され、7万人以上の署名が集まる騒ぎになっている。

複数の韓国メディアの報道によると、16日、韓国大統領府公式サイトに設けられている匿名の掲示板「国民請願と提案」に、「現在、大韓民国の軍人はほぼ無報酬で2年間の義務を履行している。こうした状況で、兵士を癒やし慰めてくれる慰安婦の導入が急務だ」として韓国軍における慰安婦制度の導入を求める請願が出された。 投稿後、この請願にはネット上で大きな反発が起こり、「請願はつらい歴史を持つ韓国を軽んじるものだ」と批判が書き込まれるなどしたため、最終的に削除された。

しかし続いて、慰安婦創設を求めた人物を処罰すべきだとする新たな請願も登場し、議論はさらに高まっている。16日に「軍内慰安婦を再創設せよという請願者への処罰」と題する請願を掲載した人物は、問題の書き込みについて「元慰安婦のおばあさんたちを侮辱する行為」と批判した上で、「政府は事の深刻さを感じ、請願者を捕らえるべきだ」と主張した。この請願には、20日現在で7万3000人余りの署名が集まっている。

スポンサードリンク



一方、慰安婦創設の請願者と名乗るネットユーザーは18日、「事実とは異なって伝えられた部分と、納得できない点が非常に多い。こうして私を犯罪者として扱うのは、本当にとんでもない魔女狩りだ」と怒りを吐露。一方で、「私が軽々しく吐いた言葉が、一部の人たちに多くの被害を与えて申し訳ない」とも話しているという。 この問題についてネットユーザーからは、「一体どんなやつが書いたんだ?顔を見てみたい」「日本との間で慰安婦問題を抱えているのに、まったく…」「悪口を言うのもばからしい内容だ」など、問題の書き込みを行った人物への批判の声が多く寄せられた。また「大統領府も掲示板をちゃんと管理しないと駄目だ。いくらなんでもこんな請願は問題外」と、大統領府を批判するコメントもあった。
http://www.recordchina.co.jp/

議論の発端は16日、匿名で「軍内慰安婦の再創設」というタイトルの請願が掲載された事による。この請願は、「現在の大韓民国の軍人は、ほとんど無報酬で2年の義務を履行している。このような状況では、兵士たちを慰めてくれる慰安婦の導入が急務だ」という要旨で、軍内慰安婦を創設してほしいとの主張だ。 これにネチズンたちは、国民請願の実名制と申告制の導入を主張したり、一部はその請願者の処罰を要求しているという。

16日に掲載された「処罰要請請願」は、「(該当請願は)青瓦台に今、女郎屋の主人になってほしいということに他ならない。政府は深刻さを感じて、請願者を逮捕すべきだと思う。生存している慰安婦おばあさんを、冒涜する行為としか考えられない」と、強力な処罰を要求した。 「請願者処罰請願」は19日午後4時40分現在、7万1579人が参加した。大統領府は、当該申立てに20万人以上が参加すれば、政府や大統領府の関係者が、請願と関連して公式に回答をしている。

現在、この請願は、削除されたが、当該請願者処罰しなければならないという別の請願に三日目に7万人を超える人員が参加するなど、議論が拡散されている。



関連記事

[ 2017年11月21日 11:20 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(2)
売春婦が売春させろとデモまでする国なので、需給関係は良好ですねー!元慰安婦婆さんから兵隊さんの扱い方を習ったらどうですかね?
[ 2019/06/11 21:36 ] [ 編集 ]
戦場妓生
従軍キ-センは、もともといたのだから、日本と関係ない話だ。兵士がキ-センを戦場にまでつれこみ、あれやこれをしていた。日本軍に、朝鮮の女衒の元締めが接触し、伝統的な戦場キ-センをうりこんだという話もある。韓国の学者は、しっかり研究してほしい。
[ 2019/06/14 23:59 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp