韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  鉄道スト1カ月、事故相次ぐもコレイルは「知らぬふり」

鉄道スト1カ月、事故相次ぐもコレイルは「知らぬふり」

全国鉄道労組のストが1カ月近く続いている中、軍所属の代替人員が運転した列車でここ1週間に3件の事故が相次いで発生し、不安が増している。コレイル(KORAIL)と政府は事態解決の努力をせずに一貫して強硬対応を続けており、スト長期化による大型惨事が起こりかねないという懸念も高まっている。

24日、コレイルと鉄道労組の話を総合すると、最近1週間に多くの乗客が利用する首都圏で列車事故が3件も起きた。いずれも軍所属の代替人材が運転した列車だ。22日午後3時34分、盆唐線の列車がソウル往十里(ワンシムリ)駅とソウルの森駅の間で止まり、乗客約150人が1時間10分にわたり閉じ込められる事故が発生した。コレイルは動力装置の故障と推定されると主張する一方、鉄道労組は軍所属の代替機関士の操作が未熟だったことが原因だとして対抗している。事故原因は調査中だ。23日にも、京畿道高陽(コヤン)市の地下鉄3号線大曲(テゴク)駅から梧琴(オグム)駅方向に出発しようとした電車の下から煙が出、乗客約200人がホームに避難した。1週間前の17日午前には、出勤時間帯に地下鉄1号線の鍾路3街(チョンノサムガ)駅のホームで列車が1時間30分にわたり運行中断する事故が起きた。代替人材の次長と機関士が正しく対処できず、乗客が自らドアを開いて出ていくなど、混乱が加わった。

列車事故が頻繁に起きるにつれ、懸念の声が高まっている。コレイルがストに合わせて投入した代替人材の機関士は、軍人や退職者、列車の運転経歴を持つ管理職で構成されている。日常的に列車の運行をしていないため熟練度が劣り、危急状況での対処能力も足りない。また、安全運行のために列車の整備は重要だが、人材は不足し代替人材は専門性が劣るため、危険な状況だ。鉄道労組のキム・ジョンハン政策室長は「政府とコレイルがストの影響力を減らすために代替人材を無理に投入し、事故の危険を高めている」とし、「対話を通じてスト事態を解決すべきだ」と話した。


スポンサードリンク


問題は政府とコレイルが中心争点である成果年俸制について、対話も仲裁も拒否している点だ。特にコレイルのホン・スンマン社長の強硬な行動が事態をよりこじらせていると指摘されている。ホン社長は「機関士は既得権層だ」、「労組の不合理な慣行を正す」、「政界が介入するからストが長引く」など、対話よりも「労組手なずけ」に出ている状態だ。

国土交通部や雇用労働部も、事実上問題の解決に手をこまぬいている。国土部のカン・ホイン長官はこの日、ソウル九老(クロ)区の鉄道交通管制センターを訪問して「労組はストを直ちに中止せよ」と述べるなど、1カ月間同じ言葉ばかりを繰り返している。労働部は、鉄道労組が労働問題の準司法機関である中央労働委員会での調整過程を経ており、事実上合法ストの道を開いたにもかかわらず「不法のレッテル」を貼り、むしろストの長期化を煽った。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/25476.html

【管理人 補足記事&コメント】
政府の成果年俸制導入に反対する鉄道労組のストライキが長期化し、19日にはこれまでの最長ストライキ記録(23日間)を更新するとした。コレイルはストライキ参加者7373人(ストライキ参加率40.2%)に対し、20日24時までに業務に復帰しなければ懲戒・司法処理すると最後通告をした。また、職位解除された核心労働者182人に対しては「懲戒に必要な事実調査のために監査室に出頭しなさい」という出席要求書を発行した。

高速鉄道(KTX)などの列車の運行率を平時の80%以上に維持しているが、貨物列車の運行率が40%台に低下しており、貨物輸送に支障が出ている。自国メディアも”スト大国”と報じている。経済低迷とともに自己都合な連中は大騒ぎである。政府は対応策は無し、挙句に成果年俸制を打ち出す始末で、何とも経済低迷のタイミングとともに、政府がスト加速させた状態だ。

この国にまともな事をは通じない。仕事は夜遅くまで実施する割には、サボリも多いわけで、鉄道会社なども車両整備や、線路の管理或はトンネルなどの老朽化が問題となっている。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年10月25日 10:33 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(1)
予防保全(PM)
寄生虫国家韓国では予防保全(PM)って言葉さえ知らないと思う。
予防保全ぢゃなく事後保全で誤魔化しているのだろう。
異常に高い事故率が物語っている。
モノはパクれるがメンテはパクれなかったのだろう。
まっ、どうせ超賤人だから教えても守るはずがないww
[ 2016/10/25 15:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp