韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国製造業の憂鬱 自慢の造船は中国に敗北

韓国製造業の憂鬱 自慢の造船は中国に敗北

韓国の製造業で、将来不安が頭をもたげてきた。得意分野だったはずの造船で中国企業との受注合戦に敗北。ほかの業界を見渡しても先進国のトレンドである産業ロボットの導入は遅れているという。韓国メディアは、大企業の正社員労組が既得権益にしがみつき、生産性向上のための労働政策も後退していると批判している。韓国経済の成長力は枯れたのか。

「世界の主導権をしっかり握っていると評されていただけにショックを隠せない」。韓国の大手紙、朝鮮日報(日本語電子版)が、現代重工業の落胆を伝えた。フランス海運大手「CMA CGM」が導入する世界最大級のコンテナ船9隻の受注を逃したのだ。

入札には現代のほか、サムスン重工業、大宇造船海洋も参加していたが、受注したのは中国の造船所2カ所。業界は「中国の技術と価格競争力を世界大手の海運会社が認めたという点で衝撃を受けている」と同紙は解説する。





聯合ニュースによると、敗れた韓国勢3社は「手持ち工事量が世界1~3位」(7月末時点)。同国が誇る主要産業だが、業界関係者は「中国政府の政策支援の中で中国が韓国造船3社と競争力の格差を急速に狭めている」と危機感を募らせているという。

「韓国の主力産業の大部分は世界市場でシェアが下落する」。中央日報(日本語電子版)によると、韓国産業研究院は「既存製品の生産と輸出が大幅に増えるのは難しい」と指摘する報告書を公表した。報告書は、2015年から25年にかけて韓国の各業界の世界シェアがどう変化するか予測。自動車は5・2%から3・8%に、造船は36・2%から20・0%に、家電は3・1%から2・5%にそれぞれ低下するとしている。上昇するのは半導体や防衛産業などごく一部だ。
http://www.sankei.com/

【管理人 補足記事&コメント】
生産性向上にロボットへの投資は必要だが、韓銀は「働き口の縮小と所得不均衡を深刻化させる」懸念もあるとみている。韓国では大企業の正社員と非正規社員や中小企業社員との格差問題が深刻化しているだけに、一筋縄ではいかない。比較的所得の高い大企業正社員への風当たりは強く「毎年7~8%の賃金引き上げを求め労働争議を繰り返し」「企業にばかり負担を」強いている、と朝鮮日報(日本語電子版)は指摘する。しかし今後は技術力勝負となる。技術が限界点となった韓国企業は、中国企業からの買収含めて、大半の製造技術は取得しただろう。

従って中国から見て韓国に興味はない。中国政府が自国を世界市場の重要国と捉えて、世界の工場と考えれば、日本からの設備導入加速等々、付加価値を何に求めるかが勝負となる。今の中国では低質なコピー商品がやっとであるから、製造技術力強化にしても日本からの技術支援がない限りは無理となるが…。



最新記事要約


関連記事

ブログパーツ
[ 2017年08月28日 11:56 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
中国に追い越されるのが嫌ならば豪華客船を造れ
タンカーやコンテナ船等中国でも造れる船で勝負をするから負けてしまう。
中国が造れない船、例えば豪華客船の製造等を次々と開発して行くしか生き残る方法は無い。
[ 2017/08/28 14:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp