韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  「人」が不足した米日独…「雇用」不足した韓国

「人」が不足した米日独…「雇用」不足した韓国

米国と日本、ドイツなど主要先進国の雇用状況が前例のない好調を示している。失業率が事実上完全雇用水準にまで下がり、求人難を訴える企業が出てくるほどだ。4-6月期の経済成長率が0%台に落ち、雇用事情がなかなか改善しない韓国とは異なる状況だ。

米国の6月の失業率は4.0%で、2000年4月の3.8%以降で最低水準を維持した。4-6月期の国内総生産(GDP)増加率が前四半期比で年率換算4.1%まで上昇するなど景気が好況なことで雇用があふれている。 欧州連合(EU)も失業率が下がっている。EUの6月の失業率は6.9%で2008年5月以降で最も低くなった。EUで最大の経済大国であるドイツの6月の失業率は3.4%まで下落し、1990年の東西統一以降で最低となった。日本の失業率はバブル経済が崩壊した1990年代以降で最低の2%台に落ちた。

米国と日本、ドイツなどでは求人難を訴える企業が増加している。日本とドイツでは自国の人材だけでは足りない雇用を外国人でまかなうために法律まで改定して就業移民を奨励するほどだ。減税と労働市場改革など親企業政策が投資と雇用創出につながっていると分析される。


韓国はグローバル雇用薫風から徹底的に疎外されている。韓国政府が発表した6月の失業率は3.7%だが青年失業率は9.0%、体感失業率は23.2%で、雇用指標は悪化するだけ悪化した状態だ。深刻なのは企業投資が減り新規雇用創出能力が衰退している点だ。
http://japanese.joins.com/

とはいえ、近年におけるEUの経済状況の低迷、一部の国における失業率の高止まり、更に、最近の欧州におけるテロ事件の頻発等、これらの状況に対する欧州各国政府の政策面での対応が後手後手になっている。また、欧州においては政治不信も拡大している。特に、外国人(移民)への排斥を標榜する政党(極右政党等)が近年台頭しており、最近における欧州における選挙では躍進が目覚しい状況だ。そのため、これらの政党が欧州の複数の国で政権与党となっている状況にある。

一方韓国に移民が押し寄せている。雇用は移民に奪われるだろう。ますます自国民の雇用状態は悪化する。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年08月02日 09:58 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
提案したらどうだ
10年前の好況期には、それいけケドンドンで
企業が海外進出した。
今は、あらゆる環境条件が企業に逆風だから、
気の利いた企業は海外移転する。
国内雇用が増えるわけはない。しかも、求職者が
選り好みするから、体感失業率は上がる。

ずいぶん深刻な記事だが、対策の提案がないのは、
マジに提案すれば、たたかれるからだろう。
[ 2018/08/02 16:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp