韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  価値投資のプロ、悪材重なる現代自株を買う!!

価値投資のプロ、悪材重なる現代自株を買う!!

2013-01-31-k008.jpg

24日午後、ソウル・汝矣島(ヨイド)のある証券会社のエレベーター。証券会社のバッジをつけた2人の男性が低い声で会話をした。「チェ・ウンピルマネージャーが現代自動車を買っているとのことです」「そうか。為替相場が(株価に)かなり反映されたとみたようだな」

スポンサードリンク
韓国を代表する輸出企業が悲観論に包まれている。景気鈍化と円安という悪材が重なり、業績が鈍化して株価も下がっている。国内生産量の60%を輸出しトヨタと競争する現代自動車の株価は今年に入って6.8%、昨年9月に比べ20%下落した。反対にトヨタの株価は50%急騰した。造船・鉄鋼・化学など他の輸出企業も同様だ。現代重工業とLG化学の株価は今年に入ってそれぞれ10%と5%下がった。サムスン電子も実績減少の恐れから7%下がった。株式市場ではこの数年間韓国経済と証券市場を主導してきた代表企業の成長動力が折れたという見方が支配的だ。

だが、これら企業の危機を機会として歓迎する者がいる。価値投資のエキスパートだ。韓国3大価値株ファンドの「新栄マラソン」(10年利回り300%)、「韓国バリュー10年投資」(昨年の運用会社収益率1位)、「KBバリューフォーカス」(過去2年のファンド収益率1位)が昨年末から最近まで現代自動車株を買い入れている。サムスン電子、LG電子なども彼らのショッピングリストに含まれた。以前は価値投資家が好まなかった企業だ。

価値投資は企業価値に比べ株価が低い企業を選んで投資する戦略だ。価値投資家は「安い株式」を探すが「安物株式」は買わない。株価が下落したという理由だけでは投資しない。すなわち、「きょうよりあしたが良くなりそうな企業」を選ぶ。彼らが代表輸出企業の株式を買い入れるのはこのような企業のあしたを楽観するためだ。

韓国バリュー運用のイ・チェウォン副社長は、「現代自動車はいまや急成長する代わりに内実を固める企業になり安定した利益を出すだろう。為替相場が現代自動車の根本的な競争力を傷つけることはなかった」と“ショッピング”の理由を明らかにした。KB資産運用のチェ・ウンピル理事は、「ドル=90円台の円がもう少し下がる可能性もある。それでも現代自動車は世界市場でのシェアを維持でき、ブランドパワーもあり為替相場は大きな悪材にはならない」とした。景気回復に対する期待も背景にある。新栄資産運用のホ・ナムグォン専務は、「過去4年間は景気が悪く、これと関連した代表企業の株価はみんなめちゃくちゃ。価値株ファンドがこのところ大型株や輸出株を入れているのは景気回復を期待してあらかじめ買っておくもの」と説明した。

ウォン高にともなう業績への懸念で株価が下がるサムスン電子に対しても彼らの見方は異なる。VIP投資諮問のチェ・ジュンチョル代表は、「サムスン電子は為替相場問題をほとんど超越した格が違う企業。世界の消費者は円安で値段が安くなったからとソニーやノキアの製品を買いはしない」とした。為替相場よりはスマートフォン市場の変化にサムスン電子がどのように対処するかがカギという見方だ。

ただしすべての輸出企業がサムスン電子や現代自動車のような状況ではない。彼らは化学などの輸出企業は依然として厳しいと見ている。チェ代表は、「産業素材は自動車とは違い徹底的に需要と供給に左右される市場。中国依存度が非常に高かったりブランド価値がない企業には依然として厳しい年になるだろう」と予想した。

(中央日報)






関連記事

[ 2013年01月31日 11:14 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp