韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  現代自動車vsテスラ…韓国最大ショッピングテーマパークで対決

現代自動車vsテスラ…韓国最大ショッピングテーマパークで対決

韓国進出を控えているグローバル電気自動車メーカーのテスラと現代(ヒョンデ)自動車が9日にオープンする韓国最大のショッピングテーマパーク「スターフィールド河南(ハナム)」でぶつかり合う。

現代自動車は5日、高級車ブランド「ジェネシス」の初めての専用展示館と電気自動車ブランド「アイオニック」展示館をスターフィールド河南のオープンに合わせ開設すると明らかにした。ジェネシスの専用ブランド体験館「ジェネシススタジオ」は475.43平方メートル規模だ。ジェネシスブランドで発売された「G80」と「EQ900」、下半期に発売予定の「G80スポーツ」などが展示され、ブランド体験から購入相談までワンストップで利用できる。

現代自動車はスターフィールド河南に401.11平方メートル規模の「現代モータースタジオ河南」も開設する。ソウル・江南(カンナム)に続き2カ所目となる現代モータースタジオは、現代自動車の電気自動車ブランドであるアイオニックのブランド体験館として作られる。純電気自動車の「アイオニック・エレクトリック」の充電過程を体験でき、顧客が直接アイオニックモデルに乗れる試乗サービスも提供する。

テスラも韓国初めての展示場をスターフィールド河南にオープンする。テスラは先月19日に韓国語ホームページを開設したのに続き、1日には放送通信委員会の審査を通過し韓国での位置情報事業者許可も得た。売り場のオープンは10~12月中としている。
http://japanese.joins.com/article/326/220326.html?servcode=300§code=320


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
4月1日から予約注文を開始したテスラの新型4ドア車『モデル3』は、何と!一週間で33万台に達するオーダーを受けたという。あの新型プリウスでも発売1ヶ月の受注は10万台だから、この人気ぶりは凄いといえる。モデル3の魅力を考えてみたい。まず3万5千ドル(約390万円)という価格が凄い。テスラで販売している電気自動車は、全て300km以上の航続距離を持つ。モデル3もアメリカ基準で345kmと十分。日本基準で280kmとなっている日産リーフの大容量バッテリータイプ、アメリカだと172kmだ。

モデル3はリーフの2倍走れると考えていいだろう。毎日の通勤に代表される普通の使い方であれば何の不満も感じない。390万円という価格も、片道80kmくらいの通勤をしている人なら(アメリカでは珍しくない距離です)、ガソリン代と電気料金の差額により、すぐモトが取れてしまう。

一方、テスラの「モデルS」は他の電気自動車と決定的に異なる点として、モーターの性能にある。それはもう恐ろしいほどの加速力がある。その加速力たるや、スーパーカー並だ。とくに0→100km/hの加速は常軌を逸している。ポルシェさえ追い付けないのではないか…。さらに自動車メーカーとも言い切れない柔軟性のあるテスラのアプリは、やはりクオリティーが高い。ユーザーのニーズを捉えており、本当に使える機能に限定されている。

①充電状況確認
たとえばショッピングモールで充電をしているとして、駐車場で充電完了を無駄に待ちたくない。ショッピングや食事をして、満足に充電された頃に駐車場に戻りたい。長い充電時間が必要なEVにとって、この機能は必須だ。

②GPSロケーション機能
広い駐車場に止めれば車をどこに停めたか忘れてしまうことはある。街中のコインパーキングに停めても同様だ。普段は使わないかもしれないが、ときに物凄く有難い機能だろう。

③リモート空調スタート
夏の日、炎天下で車に乗り込む苦痛は言うまでもない。逆に冬の日はいち早く車の暖房で温まりたい。車に乗り込む5分前にクーラーやヒーターを付けるリモート空調スタートは、一度でも使うと手放せない機能だ。

④Summon(召喚)機能
駐車場から自動出庫し、自分の元まで呼び寄せる機能。普段あまり使うことはないかもしれないが、自慢にはなる。

等々…。
電気モーターの加速力は、恐ろしいほどだろう。
しかし問題はバッテリ充電の時間に尽きる。
結局は発電と充電技術の今後に左右されるのだろう。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年09月06日 19:08 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)
米国は広いですから、 ガソリンスタンドに行くのが面倒っていうのもあるみたいですね、 田舎なら住宅は比較的広くてガレージには困らない、 従って充電設備を設置し易い、 毎日か2~3日に一回充電すれば済むのなら、 わざわざ遠くのスタンドまで行かないで済む。 米国人はDYIも好きです。

性能や乗り心地も良いのでしょう、 低重心でトルクが強い、 電気だからレスポンスも良い。 それに米国で開発され米国で製造してると言うのも在るような気がします。

[ 2016/09/06 19:26 ] [ 編集 ]
 テスラと現代。同じ俎上に挙げる問題では無いのではないか?
 この国の報道機関は、何か錯覚しているのではないのか?
[ 2016/09/06 22:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp