韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  韓国の健康保険制度にただ乗りする外国人、昨年赤字200億円突破

韓国の健康保険制度にただ乗りする外国人、昨年赤字200億円突破

韓国国内に一定の仕事がなく滞在している外国人が健康保険を利用して発生した財政損失が2000億ウォン(約200億円)を超えたことが分かった。国会保健福祉委員会の崔道子(チェ・ドジャ)議員=正しい未来党=が国民健康保険公団から入手して4月29日に公開した資料によると、外国人の地域加入者が誘発した昨年の財政赤字は2050億ウォン(約210億ウォン)だったという。

これら外国人が同公団に支払った保険料よりも、同公団が外国人の診療費として支払った金額の方がそれだけ多かったと言うことだ。こうした財政赤字は、2012年の778億ウォン(約80億円)から着実に増え、昨年2000億ウォンを上回ったものだ。

昨年の時点で健康保険の外国人地域加入者は約27万人で、全加入者5094万人の0.5%に過ぎないが、これら外国人が誘発した赤字は健康保険全体の赤字額1兆4000億ウォン(約1427億円)の15%を占めている。外国人地域加入者数は12年の13万7407人から昨年は27万416人へと5年間で2倍近く増えた。 専門家らは、これら外国人の多くが健康保険の恩恵を受けるために韓国に来て「医療保険の『ただ乗り』」をしていると見ている。

外国人のAさんは15年、韓国の病院に10カ月間入院してがんの治療を受けた。この期間中、Aさんは健康保険料で月平均約7万9000ウォン(約8000円)ずつ、合計80万ウォン(約8万2000円)弱の支払いでがん治療だけでなく椎間板(ついかんばん)ヘルニアなどさまざまな治療を受けた。

スポンサードリンク
韓国政府が健康保険財政から提供している結核診療事業でも外国人が「ただ乗り」するケースが急増している。韓国の病院で治療を受けた外国人結核患者は07年の791人から16年には2940人と10年間で3倍以上増加した。韓国人の結核患者は減っているが、外国人患者は急増しているのだ。16年7月から結核診療に必要な費用を全額、健康保険が負担することになり、健康保険に加入している外国人も無料で受診できるようになったためだ。外国人は健康保険に加入していなくても全国の保健所や国立結核病院で無料で受診できる。このため韓国に来る外国人結核患者が増え、財政負担はもちろん、韓国人が感染する危険性まで高まっているとの指摘もある。
http://www.chosunonline.com/

韓国に3カ月滞在すれば加入できる健康保険制度を悪用し、この3年間で3万人以上の外国人が、がん治療などを受けて本国に戻っていたと知り、あ然とした。外国人患者が健康保険を利用したために発生した財務損失は2000億ウォン(約200億ウォン)を超えるという。英国や日本のように6カ月から1年以上滞在しなければ健康保険に加入できないようにするシステムを整えるべきだ。韓国の医療費負担をさらに重くする「外国人健康保険ただ乗り」に対して防止策策定が急がれる。

韓国に3カ月滞在すれば加入できる健康保険制度の悪用と言う言葉はおかしいだろう。制度に則った外国人の行動であるから、自国制度に問題があるならば、修正すれば良いが、記事で悪用と言うのでは、日本における違法滞在や生活保護の不正受給となる韓国人のほうが大問題だが…。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年05月26日 08:17 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp