韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  トランプの貿易戦争再挑発に、中国「敵軍が攻めてくれば防ぎ立つ」

トランプの貿易戦争再挑発に、中国「敵軍が攻めてくれば防ぎ立つ」

米国と中国の“貿易戦争”が“休戦”合意から10日目にして再発した。
ホワイトハウスは29日、25%の高率関税を賦課する500億ドル規模の中国産商品目録を6月15日に公開すると明らかにした。ホワイトハウスは、これと同時に即時賦課されると話した。また、中国企業による米国先端技術企業の合併を防止する措置も6月30日に発表することにした。このニュースに米国証券市場が1%台の下落を記録し、30日には中国・韓国・日本の証券市場も1.5~2.5%下落した。

500億ドル分の製品に対する高率関税は、ドナルド トランプ行政府が公開した合計1500億ドル相当の商品に対する関税賦課措置の最初の具体案だ。ホワイトハウスの官吏は、残りの1000億ドル分に対する措置も続くことがあると威嚇した。

トランプ行政府は、3~4月に合計1500億ドル分の中国製品に対する高率関税賦課計画を明らかにして火ぶたを切った。それに対して中国は、報復関税を賦課するとして対抗した。だが、米中は二度の交渉の後に今月19日に共同声明を通じて、中国が米国産商品の購買を増やし3750億ドルに及ぶ対米貿易黒字を減らす妥協案を発表した。その後、スチーブン・ムニューシン米財務長官は「貿易戦争は留保されたと明らかにした。また、ウィルバー・ロス商務長官が6月2日に北京を訪問し、中国と追加交渉をする予定だった。

スポンサードリンク
米国政府の突然の発表に、中国は直ちに反発した。華春蛍・外交部報道官は30日「毎度態度を変えて、ああだこうだと言うことは、自国の信用と名誉を再び消耗し浪費すること」とし「中国は貿易戦争をしたくはないが、恐れることもない。敵軍が攻めて来れば、将軍を送って防ぎ立ち、洪水が押し寄せれば土で堤防を積む」と述べた。彼女は「米国が意地になってみだりな振る舞いをするならば、中国は固くなり強力な措置で正当な利益を守る」と警告した。

ホワイトハウスが強硬カードを持ち出したのは、今週末に控えた中国との3回目の交渉のための圧迫戦術と見られる。米国は中国が“核心利益”と明らかにしてきた南シナ海でも圧力を強めている。米海軍は27日、中国が領有権を主張して軍事施設を設置した南シナ海のパラセル諸島(中国名 西沙諸島)周辺に艦船2隻を投じる「航行の自由」作戦を展開した。ジェームズ・マティス国防長官は29日、この作戦を継続すると念を押し、中国の南シナ海領有権主張は国際法違反だと批判した。
http://japan.hani.co.kr/

アメリカのホワイトハウスは、中国による知的財産の侵害の問題をめぐり、制裁措置として25%の高い関税を課す最終的な品目のリストを来月15日までに公表し、速やかに発動するとした。制裁措置の発動を強調することで、貿易赤字の削減に向けた中国の大幅な譲歩を引き出す狙いもある。中国による知的財産の侵害の問題をめぐって、トランプ政権は先月、通商法301条に基づいて、中国政府が国家主導で推進する計画のロボットなど1300品目、金額にして500億ドル規模の輸入品に、25%の関税を課す制裁措置の原案を公表していり。

また、国家安全保障の観点から、中国による投資の制限などについても、来月30日までに公表するとしている。米中の貿易に関する協議では、中国がアメリカ産の農作物の輸入を増やすことで双方が一致し、ムニューシン財務長官が制裁措置の棚上げに言及するなど摩擦が緩和する兆しも見えている。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年05月31日 08:33 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp