韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  日本が破綻しない理由!!

日本が破綻しない理由!!

2012-09-02-006.jpg

赤字国債を発行して政府が借金を増やしても自国通貨による国債発行では国が倒産することは絶対にない。
国債と言うのは確かに期日が決まっていて国が借りたお金を金利と一緒に返すので形式的には借金そのものだが、国は返すお金を自分で発行することが出来ないため根本的に普通の借金とは違う。
国債と言うのは借金ではなくて、実は国が発行する株式なのである。

スポンサードリンク
日本国政府が1000兆円の国債を発行したとする。
この1000兆円のうち、民間が900兆円持っていて、日銀が100兆円持っていると仮定する。
現在では、中央銀行がお金を刷って市場に流通するお金の量を増やす主な手段は、市場に出回っている国債を買う。政府が発行する国債を直接日銀が買うことはあまりにも財政規律を損なうと言うことで、法律で禁止されているが、民間の銀行に出回っている国債を買うことは全く問題無い。民間から国債を買うと、その対価として民間に現金が渡される。つまり、お金が刷られて世の中のお金の量が増える事になる。

と言うことは、日銀のバランスシートを見ると、この場合は負債の側に100兆円の日銀券、つまりお金があり、資産の側に100兆円分の国債があることがわかる。日銀の発行するお金、つまり日銀券は会計上は日銀の借金と言うことになる。そして、その借金で買ったものが資産になる。
例えば金本位制の時代なら金の延べ棒であり、現在の仕組みでは、日銀が借金して買ったものは主に国債と言うことになる。つまり日銀券の価値は、国債の価値そのものなのである。
つまり、日銀券100兆円分の価値=日本国債100兆円分の価値 となる。

国の資産とは何?

それは一言で言えば徴税権である。国家権力で税金を納めない人間から無理やり金を奪い取ることができ、国は徴税権を使って、会社と同じように利益を稼ぎ出す。将来の税収から公共事業費や国防費や社会福祉費用などの支出を引いた国の利益みたいなものが、国債の価値を担保している。
税収からこう言った国のコストを引いたものをプライマリーサープラスと言う。このプライマリーサープラスをトヨタ自動車みたいな会社の利益と考えれば、国債はまさに国が発行する株式といえる。

しかし、この国債の価値とお金の価値は、中央銀行のバランスシートを通じてお互いに完全につながっており、プライマリーサープラスの将来予測が暗くなれば、国債の価値が下がるので、つまりお金の価値もいっしょに下がることが分かっている。

日本国政府がどんどん国債を発行して、将来の国の財政にみんなが悲観的になれば、株価のように国債の価格が暴落して、日本円の価値も暴落するだけとなる。苦し紛れに増資しまくる会社の株価がどんどん下がるように、国債を日銀がじゃんじゃん買って日銀券をどんどん刷れば、同じように国債の価格も暴落していく。
そして、日本円が紙くず同然になれば、日本国政府の借金も紙くず同然になるので簡単に借金を返せる事になる。
そもそも新しく国債と言う名前の日本の株式を日銀にハメこんでしまえばいいので借金を返す必要も無い。そう言う意味で、日本がどれだけ国債を発行しても、会社が借金を返せなくて倒産すると言うことは発生しない。

もし、外国通貨で日本が借金をしていれば、会社が倒産するのと同じように、国も倒産してしまう。
なぜなら税収の見通しが立たずに自国通貨が下落してくと、外国通貨建ての借金はどんどん膨らんでしまうからである。自国通貨の価値が下落すると、それにともない借金も軽くなっていく自国通貨建ての国債とは全く違う。
借金を踏み倒すと、最近ではIMFが乗り込んできて紳士的に解決する。
返済期限を延ばしたり、社会福祉などの無駄遣いをカットして、すこしでも借金返済に当てるようにIMFが指導する。つまり、外国通貨建ての国債は会社で言えば社債で、自国通貨建ての国債が会社で言えば株式といえる。
日本の場合はほぼ全てが自国通貨建てなので倒産することはありえない。
そのかわり今は福沢諭吉が印刷してある日銀券が暴落するのだが…。

(News速報.com)



★何があっても日本経済は破綻しない!本当の理由 の詳細はこちら!




関連記事

[ 2012年09月02日 22:02 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp