韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  AI人材を確保せよ、SKTが米国で採用活動

AI人材を確保せよ、SKTが米国で採用活動

「人工知能(AI)の専門家は、採用規模を限定せず常時迎え入れます」 SKテレコムは13日(現地時間)、米国ワシントン州のシアトルで開催された韓国人情報技術(IT)の会「創意と発明(創発)」主催の「2018の創発カンファレンス」に出席して、AI分野のビジョンと事業現状、今後の研究計画等を説明して採用相談を進めたと明らかにした。

創発は2014年に発足した北米地域の代表的韓国人IT非営利団体だ。加入者500人のうち、30%はアマゾン、28%はマイクロソフトに勤務するほど米国内でも認められたIT人材の集まりだ。今回の行事には、SKテレコムでAI事業と開発を統括するキム・ユンAIセンター長が、リクルートを目的に参加した。最近SKテレコムは、AI力量の強化のため、グローバルAI人材採用に積極的に乗り出している。これに先立って、7月にスウェーデンのストックホルムで行われたマシンラーニング分野の学術会議(ICML)でも採用ブースを設けた。12月にカナダのモントリオールで開催されるマシンラーニング分野の最大グローバル学術大会(NIPS)にも参加して、AI専門家の確保に乗り出す予定だ。

キム・センター長は、「AI分野の人材を最大限確保することは、SKテレコムの未来成長エンジンの確保と直結する問題だ」とし、「今後も最高のAI人材を採用して、力量を存分に発揮できるように最善を尽くして支援したい」と明らかにした。
http://japanese.donga.com/

スポンサードリンク
一方三星は最近、半導体とスマートフォンの成功神話の後を継ぐ未来成長エンジンの基礎を固めることに焦点を当てている。AIと第5世代(5G)モバイル通信、電装部品、バイオの4つの新産業を未来成長エンジンに決めた後、2020年まで計25兆ウォンを投資すると発表している。新産業の成長のために、シリコンバレーとカナダのトロントなど6カ所にグローバルAI研究センターを開設し、来月サンフランシスコで開催される三星開発者会議(SDC)で、三星の音声認識AIプラットフォーム「ビックスビー」の発展方向性を示す計画だ。

また韓国政府は、ドローン市場の規模を20倍に成長させ、人工知能(AI)専門企業を3倍に増やすなど、第4次産業革命技術の育成に5年間で9兆ウォンを投入する計画だ。自動運転分野では、2020年までに技術水準を高速道路の自動運転商用化(レベル3)に引き上げ、2030年には完全自動運転の商用化を推進する。科学技術情報通信部は、国家科学技術諮問会議傘下の未来成長動力特別委員会が関係省庁と合同でまとめた「革新成長動力の施行計画」を審議確定したと伝えている。

日本はAI研究で米国や中国に後れを取っているといわれているが、日本の技術力が他国に比べて低いというわけではない。日本はよくガラパゴスといわれるが、世界に目を向けてAIを開発するに当たっては、もっと大きいビジョンが欲しいのも事実。自動運転技術の開発にまい進する自動車メーカーを筆頭に、製造業でのAI活用のスピードは加速する一方だ。工作機械の故障予知、生産効率の改善からマーケティング精度の向上まで、幅広い分野でAIへの取り組みが始まっている。日本の製造業では、大学の研究室との共同研究を実施したり、研究室からの人材推薦を受けたりしている企業が多い。こうした関係性を、AI人材の確保にも生かそうとしている。

関連記事

[ 2018年10月15日 08:37 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
最新コメント
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp