韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国の輸出、10年ぶりに2桁台減少

韓国の輸出、10年ぶりに2桁台減少

韓国経済が依然として輸出に大きく依存する状況で、輸出が昨年12月から1年間ずっと低迷した。産業通商資源部は1日、11月の韓国の輸出が前年同月比14.3%減の441億ドルだったと発表した。この期間の累計輸出額は5450億8000万ドルで、その前の12カ月(2017年12月-18年11月)を10.1%下回った。年間の輸出減少率で2桁台の減少を記録するのは世界的金融危機のピークに当たる2009年(13.9%減)以来となる。

半導体、石油化学、石油製品など主力製品が世界的な供給過剰、原油価格下落などの影響で値下がりし、輸出額が減少したほか、米中貿易戦争の影響による影響もあった。主要13品目のうち、半導体、石油化学、鉄鋼、ディスプレー、繊維の5品目は輸出が一度もプラスに転じることなく減少が続いた。輸出市場で最も大きな割合を占める対中輸出(約25%)も減少が続いた。

韓国を代表する輸出製品である半導体は最近12カ月の輸出が25.1%減少した。供給過剰で8GB DRAMの価格が昨年11月の7.91ドルから2.81ドルまで急落した。石油化学(15.0%減)も原油価格下落で製品の平均価格が昨年の1トン当たり1346ドルから今年は1125ドルまで値下がりした。

スポンサードリンク
合成樹脂製品は米国製品との競争で輸出が減少し、合成ゴムは最大の需要先である自動車産業における生産減少で輸出が減少した。対中輸出不振(17.2%減)は中国の景気が低迷し、輸入需要が全般的に減少したことによるものだ。今年に入り、韓国の対中輸出は4月(4.6%減)を除けば、2桁台の減少が続いている。
http://www.chosunonline.com/

2010年の韓国における全産業の売上総額は4332兆2930億ウォン、営業利益360兆8130億ウォンで、平均営業利益率は8・3%となる。年間売上高1位の産業は製造業で、全産業の売上高の33・8%(1464兆3370億ウォン)を占めた。次いで、卸・小売業(18・9%、819兆8280億ウォン)、金融・保険業(17・2%、744兆1390億ウォン)、建設業(6・3%・271兆640億ウォン)の順。

この順位の状態は今なお変わらない。製造業と卸・小売業の営業利益率はそれぞれ11・3%、7・0%で、相対的に低かった。原材料の購入費用と人件費などの負担が大きい業種であることが理由だ。従って、全産業の売り上げを殆ど公表していない韓国メディアであるから、想像するしかないのだが、今年はおそらくは、売上総額は4000兆ウォンには満たないだろうと推測する。営業利益は大きく減少しているだろう。

過去サムスンが占める売り上げ比率は5%程度となる。トヨタの約2倍だ。今年半導体における低迷もあり、昨年は5%以上だっただろうと思うが今年は、全体的に売り上げ減少した中でのサムスン依存度が高いだけに、売り上げ比率は落ちていないのではと予想する。注目すべきは、2010年の4人以下となる小規模事業者は年間売上428兆1410億ウォン(9・9%)だったが、営業利益率は17・7%で最も高く人件費の負担が少ないことが理由だが、零細企業は倒産増加で、全産業の(9・9%)は無理。かなり低下しただろうと予想する。

内需低下でますます零細企業を含む小企業売り上げは減少しているだろうと考える。半導体は来年から回復に向かうが、中国企業と日中首脳会談で日本技術伝授がはじまれば、サムスンとてますます厳しくなる。

関連記事

[ 2019年12月02日 09:15 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp