韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  世界AI大学ランキング、米中が上位、韓国はまさかの圏外、日本は…

世界AI大学ランキング、米中が上位、韓国はまさかの圏外、日本は…

2020年9月7日、韓国のソフトウエア政策研究所が公開した研究報告書「世界ベスト100人工知能(AI)大学」で、日本からは岩手県立大学が選ばれた。報告書によると、今回の研究はDB測定が可能な173カ国・地域の大学6138校を対象に行われた。16年3月から19年末までに各国で発表されたAI研究の成果を指数化し、比較したという。

1位には米国のカリフォルニア大学バークレー校が選ばれた。2位以下にはマサチューセッツ工科大学(米国)、スタンフォード大学(米国)、チューリッヒ工科大学(スイス)、キング・アブドゥルアズィーズ大学(サウジアラビア)、シンガポール国立大学(シンガポール)、カーネギーメロン大学(米国)、ケンブリッジ大学(英国)、中国科学院オートメーション研究所(中国)、シドニー工科大学(豪州)が続いた。

日本からは岩手県立大学が唯一、19位に選ばれた。10位以内では米国が40%(4校)を占めて圧倒的優位となったが、100位以内では中国が39校で最も多く、米国(19校)、英国・豪州(各6校)、イタリア・香港(各4校)、シンガポール・スイス(各3校)が続いた。計20の国・地域が名を連ねたが、“IT強国”の韓国からは1校も選ばれなかった。
https://www.recordchina.co.jp/b834595-s0-c30-d0058.html

スポンサードリンク
2015-07-14-wa-2.jpg

韓国ソフトウェア政策研究所が公開した「世界ベストAI大学」研究報告書について伝えている。中国が39校と最も多く、米国が19校で2位となり、次いで英国と豪州が各6校、イタリアと香港が各4校、シンガポールとスイスが各3校でトップ10入り。インド、ドイツ、カナダ、イラン、日本、フランス、スペイン、マレーシア、オランダ、エジプト、サウジアラビア、マカオの12カ国は各1校だった。計20カ国が100大AI大学を輩出したが、韓国は1校もランクインできなかった。

今回の研究は、DB測定が可能な173カ国、6138校の大学を対象に行われた。韓国のプロ棋士イ・セドルとコンピュータ囲碁プログラム・AlphaGoが対決した2016年3月から19年末までの4年間、各国で発表された人工知能の研究成果を指数化し、結果を導き出した。研究を行った同研究所の研究員は、「人工知能研究の上位大学は米中を中心に構成されており、今後、中国と英国、豪州の大学が上位10位に入る可能性が高い」と伝えている。

また韓国の大学に対しては、「AI力量が平均レベルであり、先導大学との差が大きくないこと」「韓国の大学のCS(Computer Science)の順位が高くAI力量も高いと考えられがちだが、必ずしもそうとは限らないこと」「AI関連の全分野に力を注げばいいものではないこと」という三つの落とし穴に留意しなければならないと指摘している。

関連記事

[ 2020年09月12日 08:15 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp