韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
   
韓国経済 韓国社会 韓国政治韓国芸能 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  円安の波に乗って韓国に戻ってきた日本酒

円安の波に乗って韓国に戻ってきた日本酒

スポンサードリンク


韓国から消えた日本酒が、円安の波に乗って再び押し寄せてきている。2019年の反日不買(ノージャパン)運動や、この2年間続いた新型コロナウイルス感染症の大流行で、韓国における日本酒の需要は半分以下に落ち込んでいた。ところが、最近の円安や、今春から続いている新型コロナ対策緩和・防疫措置解除で、韓国国内に入ってくる日本酒が増えている。

23日の韓国関税庁輸出入貿易統計システムによると、今年10月までの日本酒の輸入量は3763トンだったとのことだ。これは、昨年1年間の3109トンを第3四半期(7-9月期)が終わる時点で既に大幅に上回るものだ。

日本酒は普通、12月が最需要期と言われている。熱かんで飲む日本酒の需要が高まる上、年末の集まりが増えると飲食店での需要も急増する。酒類業界ではこのような点を考慮して、今年の日本酒輸入量が4000トンを難なく越えるものと予想している。

スポンサードリンク

輸入額で見ると、その伸びはいっそう急激であることが分かる。日本酒の輸入額は2011年に福島第一原子力発電所で事故が発生したのにもかかわらず、ほぼ毎年増加していた。特に、2015年から2018年までの4年間では年平均10%以上も伸びていた。日本酒の需要はノージャパン運動が落ち着いてきた昨年から再び伸び始めた。

日本酒の輸入・販売を手がける「日本酒コリア」のヤン・ビョンイル営業総括取締役は「新型コロナ流行を経て、おまかせ(料理人にメニューを一任するコース料理)形式の高級飲食店が大幅に増えた。そして、そうした店で高級料理に合わせて高価な日本酒を飲む文化が定着した」 「輸入統計を見ると、以前は輸入品のうちパック入りのお手ごろな日本酒の割合が高かったが、今は10万ウォン(約1万円)を超える日本酒が増えている」と語った。
https://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/12/24/2022122480066.html?ent_rank_news

2022-12-25-k006.jpg

日本酒に対する海外の反応が変わった背景がある。2013年に「和食」がユネスコ無形文化遺産に登録されたことが挙げられる。日本には春夏秋冬の四季があり、それぞれの季節ごとに自然を尊重したおいしい料理が食べられる。日本の伝統的な食文化である和食が注目されたことで、海外にも和食屋さんや日本食レストランが続々と進出していくことになった。

それに伴って和食に合うお酒として日本酒の人気にも火が付き、海外でも日本酒に関するイベントが盛んに開催されるようになり、今では日本酒は海外から「SAKE」という愛称で呼ばれており、美食家の間ではおいしい日本酒を飲んでいることが一つのステータスになっている。



関連記事

[ 2022年12月25日 08:09 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
日本酒輸出は、現在出たもの勝ちの状況。
海外の日本酒人気は第二段階に突入していて、
海外醸造元の増加、さらに人気日本酒米山田錦の
栽培が米国で始まった。
うまく醸造元を組織化して、国産日本酒のブランド力を
高めたいところ。
[ 2022/12/25 16:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp