韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ワールプールを抜いた家電韓流、核心で米国人の生活変えた

ワールプールを抜いた家電韓流、核心で米国人の生活変えた

今年1-3月期に米国で売れた家電の3台に1台は韓国製だ。市場調査機関のトラックラインは25日、1-3月期の米国家電市場でサムスン電子が19.2%、LGエレクトロニクスが15.8%のシェアを記録し、それぞれ1位と2位を占めたと発表した。106年の歴史を持つ米家電メーカーのワールプールはサムスンとLGに押されシェア15.7%で3位に落ちた。韓国の家電メーカーが米国市場で1位と2位を占めるのは今回が初めてだ。今回の調査は冷蔵庫、洗濯機、オーブン、電子レンジ、食器洗浄器の5大生活家電製品を対象に実施された。

世界最大の家電メーカーであるワールプールは米国の誇りだ。2015年までは不動の米国市場1位だった。そんなワールプールを昨年初めてサムスン電子が抜いた。そして今年1-3月期にはLGエレクトロニクスまでワールプールを抜いた。106年の歴史の家電大手が韓国企業の挟み撃ちにホームグラウンドである米国市場で3位に転落したのだ。 2013年だけでもサムスン電子とLGエレクトロニクスの米国市場でのシェアは合わせても23.6%にすぎなかった。この数値が昨年は33%に上昇した。3年で10ポイント成長した。

単にたくさん売っただけではない。販売単価が高いプレミアム製品群で韓国製の威力がさらに強かった。米国で1-3月期に売れた冷蔵庫の40.9%が韓国製だ。だが、ドアが4枚のフレンチドア冷蔵庫だけで見ると2台に1台の53.7%がサムスン製かLG製だ。 洗濯機市場も同様だ。全市場で両社が占める割合は37%だが900ドル以上のドラム洗濯機だけ見れば韓国製が半分以上の56.4%を占めている。

こうした「家電韓流」は韓国式革新速度のおかげだ。サムスン電子とLGエレクトロニクスは競争するように毎年完全にデザインと機能が変わった新製品を出す。この2年間に両社が出した洗濯機の新製品だけ見ても知ることができる。サムスン電子は2015年に手で下洗いができる全自動洗濯機「アクティブウォッシュ」を、昨年には洗濯の途中でも洗濯物を投入できる「アドウォッシュ」を、今年は全自動洗濯機とドラム洗濯機を結合した「フレックスウォッシュ」を発売した。

LGエレクトロニクスの場合、2015年末にドラム洗濯機下段に全自動洗濯機が付いた「ツインウォッシュ」を世界で初めて出した。 大信証券のパク・ガンホ研究委員は、「通常4~5年ごとに新製品を出す米国の家電メーカーなどでは韓国メーカーが毎年新製品を出すに追いつくのも大変だが、新製品ごとに完全に次元が異なる性能を搭載するため競争にならない。こうした速度戦に刺激され米国メーカーも新製品周期を1~2年単位に減らした」と説明した。
http://japanese.joins.com/article/496/228496.html?servcode=300§code=300

【管理人 補足記事&コメント】
一方サムスンはアメリカで、CPSC(米国消費者製品安全委員会)と協力して洗濯機をリコールすると発表している。同社の洗濯機が破裂したとする報告が消費者から寄せられてた事による。対象は2011年3月から2016年11月に販売されたもの34モデル約280万台。高速回転の際に洗濯機内のドラムがバランスを崩し、過度の振動を引き起こして本体上部が分離する危険性があるとのこと。同社は過度の振動や上部の分離について733件の報告を受けており、ケガの報告も9件あったという。

そんな中で、米市場調査会社のスティーブンソンカンパニーが明らかにしたところによると、LGエレクトロニクスはドラム洗濯機のブランド別売上集計で上半期にシェア27.2%で1位を記録している。LGエレクトロニクスは900ドルを超えるプレミアム製品群でもシェア32.8%で1位を占めた。 米国で販売されたドラム洗濯機2台のうち1台は韓国製である。アメリカで大人気の韓国家電だが、アメリカのニーズに合わせた商品は、日本企業で対応するには難しい。とはいえ、近年の韓国家電製品は、品質及び安全機能においても低レベルとなっている。リコールが続けば当然利益は出ないわけで、そうでなくても家電は利益が出にくい。これではいくらアメリカで売れても赤字となるが…。



最新コメント
関連記事

お勧め記事


ブログパーツ
[ 2017年04月26日 11:30 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
こういうこと
家電で利益をだすには①高品質なものを売る。これは高価になるからシェア―は取れない。
②機能は」据え置き、低価格で大量に売る。これは儲けは出ないが、シェア―は取れる。また、品質管理に力を割けないので問題も起こる。ということ。
日本企業はシェア―は狙っていません。高機能、高品質、安全、安心なものをつくることに徹している。なにかいいことがあるのか?購入者からブランド価値を得られるのです。
安い家電つくる日本の会社がある?アイリスオーヤマ?あれは在日の方が作った会社です。
[ 2017/04/26 12:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL