韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  大学生が働きたい企業8社 平均年俸900万円超

大学生が働きたい企業8社 平均年俸900万円超

韓国の大学生が働きたい企業の上位に入る8社の平均年俸が9000万ウォン(約900万円)を超えることが分かった。韓国就業ポータルサイトのインクルートがこのほど大学生1015人を対象に調査したところ、働きたい企業の上位10位にはポスコ、韓国電力、CJ E&M、カカオ、現代自動車、サムスン電子、国民健康保険公団、アシアナ航空、ネイバー、韓国輸出入銀行が入った。このうち、韓国電力と韓国輸出入銀行を除く民間企業8社の平均年俸は9725万ウォンだった。

これは、金融監督院の電子公示システムによる各企業の平均年俸を基に算出した金額だ。 8社のうち平均年俸が最も高いのはサムスン電子で1億987万ウォンに達し、続いて現代自動車(9389万ウォン)、ポスコ(9075万ウォン)の順だった。平均年俸を性別でみると、男性が1億281万ウォン、女性が7258万ウォンで、男性の年俸が女性より約3000万ウォン多かった。性別による格差は社員の男女比にも表れ、男性が82%、女性が18%だった。
 



社員の男女比の格差が最も大きかったのはポスコと現代自動車で、どちらも95対5で男性が多かった。韓国電力は81対19で全体の平均値に最も近く、サムスン電子(75対25)、ネイバー(61対39)、カカオ(59対41)、CJ E&M(51対49)、アシアナ航空(46対54)が続いた。
http://news.livedoor.com/

【管理人 補足記事&コメント】
大手企業225社(日経平均株価を構成する225銘柄に名を連ねる企業)の平均年収(2015年度)をランキングをみると、224社中,最も年収の高い企業は「ファナック」で,その年収は1,571万円となっている。また、224社の平均年収は780万円となっている。その前の年では225社中、最も年収の高い企業は「野村ホールディングス」で、その年収は1,488万円となっている。225社の平均年収は745万円となっている。

こうしてみると上位224社の平均年収は35万ほど上昇している。東洋経済の昨年上位500社ランキングでは、2000万円超が2社も誕生、1000万円超は55社となっている。1位はM&A仲介事業を展開するM&Aキャピタルパートナーズで平均年収はなんと2253万円(平均年齢30.5歳)。2位はGCAサヴィアンで同2153万円(同37.1歳)。3位のキーエンス(1688万円)は大阪に本社を置くFAセンサーの検出・計測制御機器大手。従来から超高給企業として知られ、上位の常連だ。4~8位は朝日放送、TBSホールディングスなど在京・在阪のテレビ局が並んだ。

韓国企業は日本のトップ企業と年収を競ってきたわけで、それが逆に競争激化の起爆剤となった。企業拡大は政府の後押しもあり、外資系企業でありつつ、大企業化したことで日本と産業別競争を実施した。本来、内需活性化のための政策が重要であったにもかかわらず財閥利益重視で、政府との癒着もあり、不正社会の根源でもある財閥社会を形成してきた。



最新コメント
関連記事

ブログパーツ
[ 2017年07月19日 13:02 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL