韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国政治 >  韓国国防省、自衛隊哨戒機の「威嚇飛行画像」などを公開

韓国国防省、自衛隊哨戒機の「威嚇飛行画像」などを公開

韓国国防省は24日、韓国が管轄権を主張する東シナ海の暗礁、離於島(イオド)の付近で23日に海上自衛隊の哨戒機が韓国海軍艦艇に低空接近し「威嚇飛行」をしたとする際に撮影したという画像などを公開した。

公開画像は5枚で、うち赤外線カメラで撮られたものが2枚。レーダーが測定したという哨戒機の高度が記された画像も含まれている。同省関係者は「機械は嘘をつかない」と話し、韓国側の主張を裏付ける「証拠画像」だと自信を示している。

ただ、海自のP3C哨戒機とみられる航空機が写った画像には、海面が入っておらず、この画像からは「哨戒機は高度約60~70メートルまで接近した」という韓国側の主張が正しいことを立証できない。しかし、国防省は赤外線画像で証明できるとしている。日本は「高度150メートル以上を確保していた」(岩屋毅防衛相)としており、双方の主張は食い違っている。

国防省は当初、映像を公開する予定だったが画像公開とし、「節制した対応を取った」(関係者)と説明している。

スポンサードリンク
国防省の前日の「威嚇飛行」の発表を受け、韓国では24日、「友好国を狙った低空での接近威嚇飛行、日本はさらに超えてはならない」(朝鮮日報)などと、日本を批判する主張が続出している。結局、韓国政府は世論に押されるかたちで日本を非難し、日本の反発を招くことを承知の上で画像公開に踏み切った。
http://www.zakzak.co.jp/

水平線など比較できるものがないと分析しようがないし、話にもならない。米国の専門家は、アメリカの国益にも日本の国益にも合致しない。問題なのは解決を先延ばしすればするほど、火に油を注ぐ様な状況に陥っている。日韓の国民感情の悪化につながっていると語っている。

しかし高度高度約50から70メートルで飛行したというが、そんな高度で飛行すること自体が、危険極まるわけで、しかも海上自衛隊の哨戒機全幅 30.4mあるわけで、写真で見ても高度約50から70メートルで飛行すれば、海面が映っているはずだろうと思うが…。

関連記事

[ 2019年01月25日 09:28 ] カテゴリ:韓国政治 | TB(0) | CM(1)
「機械は嘘をつかない」、しかし
「機械は嘘をつかない」、しかし嘘をつくのは機械では無く韓国人。
嘘に嘘を重ねる幼稚性、これが国家がやる事なのかと驚く、正に幼稚園児以下でしょう。
最も滑稽なのがカメラによる動画は当然、日本の哨戒機が豆粒大に見える位から連続して撮ってる訳だから哨戒機が水面ギリギリで韓国艦に向かって来る映像を出せない筈が無い。
逆にその動画を出せないと言う事は韓国の嘘を証明している。
動画は静止画と違って捏造するのに時間がかかるので間に合わなかったのだろう。
[ 2019/01/25 12:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp