韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本政治 >  日本「徴用企業資産売却ならあらゆる選択肢検討」報復を示唆

日本「徴用企業資産売却ならあらゆる選択肢検討」報復を示唆

裁判所が徴用賠償判決により差し押さえされた日本企業の韓国内資産売却のため公示送達手続きを開始し、政府が日本の対韓輸出規制を世界貿易機関(WTO)に提訴したことから、韓日両国間で緊張が高まっている。

日本企業の資産売却動向に関して、菅義偉官房長官は4日の定例記者会見で、「日本企業の正当な経済活動の保護の観点からも、あらゆる選択肢を視野に入れて、引き続き毅然(きぜん)と対応していきたい」「差し押さえ資産の現金化は深刻な状況を招くため、避けなければならない。この点については3日の日韓外相電話会談を含めて、日本側から韓国側に対して繰り返し指摘している」と述べた。日本企業の資産が現金化されれば報復措置を取るということだ。麻生太郎副総理は昨年、日本が取り得る報復措置として(1)貿易見直し(2)金融制裁(3)ビザ発給停止(4)送金停止に言及している。

2015年の韓日慰安婦問題合意が事実上、破棄されたことに対する釈明を求める動きも出てきている。日本経済新聞は同日、「元慰安婦告発の究明を望む」という見出しの社説で、「文在寅(ムン・ジェイン)政権は『被害者中心主義』を掲げながら、市民団体の立場に傾きすぎてはいないか」「(尹美香〈ユン・ミヒャン〉事件を)日本側にも説明し対日外交の立て直しにつなげてほしい」と述べた。

スポンサードリンク
強硬論は韓国側からも出ている。同日午前に行われた与党・共に民主党の政策調整会議で、尹官石(ユン・グァンソク)政策委員会首席副議長は「日本に対するWTO提訴を再開することに決めただけに、党と政府は必ず勝訴を引き出すことができるよう、あらゆる力を結集する」と述べた。尹官石首席副議長は、今回の提訴措置が「日本が依然、誠意ある姿勢を見せていないことによるもの」として、「日本の愚かで誠意のない態度に対して大変遺憾に思う」と語った。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/06/05/2020060580001.html

2020-06-06-k002.jpg

韓国大法院が新日鉄住金(現日本製鉄)に対し、強制徴用被害者1人あたり1億ウォン(約900万円)の賠償を命じた判決で、韓国にある日本製鉄の資産差し押さえの公示送達を決め、両国関係に多大な影響をもたらしかねない資産の現金化が本格化する可能性が高まった。送達の効力は8月4日に発生する。原告側は日本製鉄と韓国鉄鋼最大手・ポスコの合弁会社であるPNRの株式を差し押さえており、効力発生後に売却し、現金化できる。

現金化が行われれば、冷え込んでいる韓日関係悪化と言う程度では済まないだろう。日本企業の撤退が加速し、日本の企業と政府と共に韓国を助ける構図は無くなる。もっとも現金化する勇気が韓国側にあるのかと言うと、実はかなり慎重になっているはず。自国経済低迷のみならず、日本が韓国から完全に目を背ければ、韓国経済の復帰すらあり得ない。今の韓国は米国と中国の間でふらついているが、一番の頼りは実は日本。

現金化で日本政府を脅すほどに韓国政府の首は絞まる。

関連記事

[ 2020年06月05日 08:37 ] カテゴリ:日本政治 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp