韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  安倍首相を苦しめる「潰瘍性大腸炎」はどんな病気か?

安倍首相を苦しめる「潰瘍性大腸炎」はどんな病気か?

日本の安倍晋三首相は28日午後、東京の首相官邸で記者会見を開き、辞任を表明し、その理由を持病の潰瘍性大腸炎が再発したためと説明した。この病気について、首都医科大学付属北京友誼医院消化器センターの代表医師の宗曄氏に話を聞いた。宗氏によると、「潰瘍性大腸炎は再発しやすく、重症者や再発を繰り返す患者は、生涯にわたり治療を続ける必要がある。こうしたことから専門家の間では『やさしいがん』などと呼ばれている」という。「北京日報」が伝えた。

宗氏は、「軽症者の主な臨床症状は軽度の腹痛と下痢で、便に粘液や膿がまざり、1日の排便の回数は4回以下。重症者は腹痛と下痢の症状が進行し、1日の排便の回数が6回以上になることが多く、頻繁に血便が出ると同時に、腹痛や発熱などの症状も伴うようになる」と説明した。宗氏は続けて、「原因はよくわかっておらず、青少年で発病する人が多いが、高齢者にも発病の小さなピークがある」と述べた。

治療方法は寛解導入療法と寛解維持療法に分けられる。寛解導入療法は薬物を使って急性期の症状をコントロールするものだが、コントロールしても治療に終わりはなく、患者は長期にわたり薬物を服用して寛解を維持しなければならない。一般的に初発のケースで、薬物を3年から5年服用して寛解を維持する。重症者や再発を繰り返すケースでは、長期にわたる治療に一生付き合っていく必要がある。よって専門家の中にはこの病気を「やさしいがん」などと呼ぶ人もいる。がんほど恐くはないが、長い治療プロセスが必要だからだ。

スポンサードリンク
報道でみると、安倍氏は潰瘍性大腸炎の再発と診断されたという。これについて宗氏は、「この病気は再発しやすい。不適切な飲食、不安感、腸の感染症はすべて再発を引き起こす可能性がある。そこで治療を続けることが重要になる。病変は結腸に広がり、炎症が生じる範囲により直腸型、左側結腸炎型、全大腸炎型などに分類され、全大腸炎型は発がん率が高い。全大腸炎型で再発を繰り返し、発症から10年以上経過しているケースについては、結腸がんのリスクも高くなる」と説明した。
https://www.recordchina.co.jp/b831806-s10-c30-d0035.html

2020-08-30-k001.jpg

潰瘍性大腸炎は大腸の粘膜(最も内側の層)にびらんや潰瘍ができる大腸の 炎症性疾患 です。特徴的な症状としては、下血を伴うまたは伴わない下痢とよく起こる腹痛です。病変は直腸から連続的に、そして上行性(口側)に広がる性質があり、最大で直腸から結腸全体に拡がる。この病気は病変の拡がりや経過などにより下記のように分類される。

1)病変の拡がりによる分類:全大腸炎、左側大腸炎、直腸炎
2)病期の分類:活動期、 寛解 期
3)重症度による分類:軽症、中等症、重症、激症
4)臨床経過による分類: 再燃 寛解 型、慢性持続型、急性激症型、初回発作型

日本の潰瘍性大腸炎の患者数は166,060人(平成25年度末の医療受給者証および登録者証交付件数の合計)、人口10万人あたり100人程度であり、米国の半分以下となる。発症年齢のピークは男性で20~24歳、女性では25~29歳にみられますが、若年者から高齢者まで発症する。男女比は1:1で性別に差は無い。潰瘍性大腸炎は家族内での発症も認められており、何らかの遺伝的因子が関与していると考えられている。欧米では患者の約20%に 炎症性 腸疾患(潰瘍性大腸炎あるいはクローン病)の近親者がいると報告されている。近年、世界中の研究者によりこの病気の原因を含めた 特異的 な遺伝子の探索が続けられているが、現時点では遺伝に関する明解な回答は得られていない。

関連記事

[ 2020年08月30日 08:44 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp