韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  現代自「アイオニック5」の外部イメージを初公開

現代自「アイオニック5」の外部イメージを初公開

現代(ヒョンデ)自動車は13日、「アイオニック5」の外部イメージの一部を初めて公開した。アイオニック5は、現代自動車の電気自動車専用ブランドに生まれ変わった「アイオニック」の初モデルだ。現代自は、「アイオニック5」は電気自動車のバッテリーで、車両運行のほか、車中泊などに自由に電気を使えるという利便性を強調した。電気自動車の長所を生かした独特のデザインも前面に出した。

来月オンラインで公開される予定のアイオニック5は、現代自グループの電気車専用プラットフォーム「E-GMP」を初めて採用したモデルだ。電気車の構造に最適化されたE-GMPは、車種によって1回の充電で最大で500キロ以上走行できるように設計されている。800V充電システムで超高速急速充電器を使えば、18分以内に80%充電が可能だ。現代自は同日、消費電力の高い電子製品を活用した「究極のキャンピング」映像を一緒に公開した。映像には、車に電線をつなぎ、野外で大型電気オーブンで七面鳥を料理する様子が映し出されている。大型スピーカーで音楽を聞き、ランニングマシーンで運動するなど、新しいキャンピングを楽しむ姿も描かれている。電気自動車のバッテリーを利用して車両外部に簡単に電力を供給する「V2L(Vehicle to Load)」技術の長所が明らかになった。

電気車の特性を生かして、エンジンのあった車の前面部の大きさを縮小し、室内空間を広げた点も目を引いた。現代自の関係者は、「専用電気自動車の初モデルである『アイオニック5』の顧客に新しくて多様な経験を提供する。今後、アイオニックブランドは顧客経験に対するパラダイムを変えていきたい」と語った。

スポンサードリンク
アイオニック5には、アイオニックブランドのコアデザイン要素であるパラメトリックピクセルと自然にやさしい色・素材が反映されている。ヘッドライトと尾灯に採用されたパラメトリックピクセルは、イメージを構成する最小単位のピクセルを形象化したデザイン要素が入っている。これは、今後発売されるほかのアイオニックブランドの車にも採用される。現代デザイン担当のイ・サンヨプ専務は、「アイオニック5で今までにない新しいデザインの経験をお届けしたい。新しい電気自動車デザインの基準を提示したい」と明らかにした。
https://www.donga.com/jp/

2021-01-14-k005.jpg

エンジンはギアによって低回転域のトルクを増幅させていたが、モーターは起動時(0rpm・クルマが発進するとき)から最大トルクを発生することができるという特長を持つ。また、モーターの種類や制御によって多少異なるが、基本的に回転が高まるにつれてトルクが低下していく。そういう意味で、クルマという重量物を動かすパワーユニットとしてモーターはとても優れている。しかも、そのパワー特性ゆえ複数のギアを組み合わせるトランスミッションを基本的に必要としないのだ。これはパワートレーンの軽量化やコストダウンにも寄与する。ただし、現在は重くて高コストな駆動用バッテリーが必要なため、車両全体で考えると重く、価格もまだまだ高い。

このように、EVにトランスミッションが必要ないことはわかったが、現在市販されているEVはモーターの回転を直接駆動輪に伝わっているわけではない(モーターと駆動輪の回転数が同じではない)。例えば国産EVの日産リーフ。EM57型という交流同期モーターのスペックは、最高出力150ps/3283−9795rpm(ノーマルグレード)となっている。このモーター回転数をそのまま駆動輪に伝える(時速に換算する)と、約400〜1200km/hと実用域からかけ離れてしまい非効率的。そこで多くの市販EVは、モーター出力軸の回転数を1セットのリダクションギアで減速させてタイヤに伝えている。

とはいえ、渋滞で長時間足止めを食らうような地域では厄介だ。メインバッテリーに充電するシステムが確立されているわけでは無いので、まだまだ電気自動車の課題は多い。

関連記事

[ 2021年01月14日 09:32 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
月別アーカイブ
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp