韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓中、2025年までの経済協力共同計画報告書を採択

韓中、2025年までの経済協力共同計画報告書を採択

韓国と中国が11月30日、今後の両国の経済協力の方向性を盛り込んだ「韓中経済協力共同計画」報告書を採択した。

外交部は同日、報道資料を発表し、「30日午後、ソウルと北京をテレビ電話でつなぐ形で、チェ・ジョンムン外交部第2次官が中国商務部の任鴻斌副部長と第25回韓中経済共同委員会を開催した」と明らかにした。外交部によると、今回採択された報告書は2019年の第23回共同委員会を契機に韓中が作成に合意したもので、これまで両国の研究機関が共同研究を行ってきたという。これに先立つかたちで「韓中経済貿易発展共同計画」(2016-2020)が採択されており、今回の共同計画は今年から2025年までの両国の経済協力の方向を示している。また、韓国の新南方・新北方政策と中国の一帯一路の構想の連携と協力のため共に努力することにしたという。

外交部によると、チェ次官は今回の会議で特に「ゲームや映画、放送など文化コンテンツ分野における両国間の交流と協力の拡大に向けた中国側の努力が必要だ」と強調し、「知的財産権分野における協力の強化および韓国企業の困難の解消などに向けた中国側の協力を求めた」という。2017年に在韓米軍が韓国に高高度防衛ミサイル(THADD)を配備して以来、中国側の「限韓領」がまだ解除されておらず、韓国政府は両国の高官級協議のたびに関連問題を提起してきた。

スポンサードリンク
今回の会議では、中国に端を発した「尿素水品薄」現象をめぐる議論も行われた。外交部によると、韓国側は「(政府は)尿素の円滑な輸入に向けた中国側の協力を評価」すると共に、「グローバルサプライチェーンが不安定な状況でも、韓中貿易が円滑に進むよう、持続的かつ緊密に疎通していこう」と呼び掛けたという。

10月15日、中国政府が尿素など29種の品目に対し輸出前の検査を義務づけたことで、韓国国内では尿素水の品薄現象が起き、その後、両国はすでに契約を結んだ尿素1万8700トンについては輸出手続きを進めることで合意した。それらの一部はすでに国内に入港した状態だ。
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/41852.html

2021-12-01-k003.jpg

韓国と中国が包括的な経済協力を話し合う韓中経済共同委員会が30日、テレビ会議方式で開かれ、米国が対中国を念頭に半導体などの供給網強化を進める中、中国は韓国にデジタル分野での協力を提案した。中国が韓国側に提案した経済協力分野はデジタル経済と低炭素経済。米国が中国をけん制するため、情報通信技術(ICT)分野を中心に供給網の再編を進める中で示された提案で注目される。

中国が求めるデジタル経済分野での協力は電子商取引(EC)プラットフォームに関するものだという。 両国はこの日「韓中経済協力共同計画(2021~25)報告書」も採択した。以前に採択された韓中経済貿易発展共同計画(2016~20)に続き新たな5年間の経済協力の方向を示す報告書となる。 外交消息筋は「安定的に経済協力を維持して発展させていくという趣旨」と説明している。

関連記事

[ 2021年12月01日 08:12 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp