韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  対外依存度の高い4000品目の早期警報システムを稼動=韓国政府

対外依存度の高い4000品目の早期警報システムを稼動=韓国政府

政府は、尿素水のように対外依存度の高い主要品目の異常兆候を早期にキャッチするため、海外公館・貿易館と共同で点検および分析システムを作ることにした。海外公館には「経済安保担当官」が新設される。海外産業情報をずさんに収集して供給網問題を誤って判断したため、「尿素水の大乱」が大きくなったという指摘が起こり、対策を設けたのだ。

企画財政部(企財部)は26日、こうした対策を盛り込んだ「第1回経済安保中核品目タスクフォース(TF)」会議を開催したと発表した。政府は特定国からの輸入依存度が50%以上であったり、観察の必要性が大きい4000品目余りに対し、今週から「早期警報システム(EWS)」を稼動することにした。対応の緊急性や国民生活に及ぼす重要性などを考慮して等級を分けた後、動向把握や報告周期などに差をつけて点検する。

年末まで約4000品目のうち、特に輸入依存度の高いマグネシウム、タングステンなど最大200品目を「経済安保中核品目」に指定する。経済安保中核品目は、海外公館・貿易館、産業通商資源部、業種別協会、貿易商社などが一緒に観察・分析することにした。まず海外公館や貿易館、貿易協会は、「海外進出企業の供給ネットワーク協議会」を新設し、中核品目の需給動向を定期的に産業部に報告する。このため、公館にはこうした業務を担当する「経済安保担当官」を置くことにした。

スポンサードリンク
産業部、協会、専門研究機関は、この情報を分析し、適合型対応戦略を立てる。現在、不足していると指摘されている産業情報の分析力量を育成しようという趣旨だ。韓国内の主要輸入企業と専門貿易商社、輸入協会の間では「ホットライン」を設け、海外の異常動向を随時共有する計画だ。主要産業情報を各機関が迅速に共有し、対応の遅れを食い止めようとしている。李億遠(イ・オクウォン)企財部第1次官が同日、初めて開いた「経済安保中核品目TF」は、週1回の開催を原則とし、必要に応じて随時運用される予定だ。
https://www.donga.com/jp/

2021-11-28-k001.jpg

中国に依存する尿素水不足でさまざまな産業への影響が懸念される中、韓国政府は特定国・地域への輸入依存度が高い品目について、サプライチェーン(調達・供給網)のモニタリング体系を見直して需給安定化を図る方針だ。洪楠基経済副首相兼企画財政相は17日に開催された「第8次素材・部品・装備競争力強化委員会」で、「尿素水不足により、安定的なグローバルサプライチェーン確保の重要性を改めて痛感した」と述べている。素材・部品・設備だけでなく、1次金属や特定国への依存度が高い原料についても、供給網のモニタリングを強化するとした。

韓国貿易協会によると、1~9月に輸入された1万2,586品目のうち、特定国への依存度が80%を超える品目は3,941品目(31.3%)となった。 また、経済産業や国民の生活に密着した品目の需給安定化については、別途対策をまとめるとしている。

関連記事

[ 2021年11月28日 08:10 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
キムチも
市場観察は大事だが、もうひとつダブルソース化、
つまり、面倒だが二国購入するのがいい。
キムチなど真っ先に、中国に加えて、もう1国
購入先を探すべきだろう。
[ 2021/11/28 10:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp