韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  「9カ月間で価格472%暴騰」…中国も震えさせたリチウム供給不安

「9カ月間で価格472%暴騰」…中国も震えさせたリチウム供給不安

世界最大のリチウム加工国の中国でリチウム価格が400%以上も上昇し、バッテリー原材料需給に対する懸念が高まっている。ブルームバーグ通信は最近の報道で「中国が本当に心配しているのはニッケルではなくリチウム」としながら「中国政府がリチウム価格の安定化に向けて議論を行った」と伝えた。

価格情報提供機関「アジアン・メタル」によると、中国内のリチウム価格は昨年6月を底点として歴代最高値を記録した先月15日までの9カ月間に約472%急騰した。ベンチマーク・ミネラル・インテリジェンス(BMI)の集計によると、過去1年間における世界のリチウム価格上昇率は約490%だ。世界のリチウム供給網(サプライチェーン)を掌握しているという世間の評価とは異なり、中国もリチウム大乱を避けることができなかった状況だ。

リチウムはオーストラリアやチリなどで採掘されるが、加工は主に中国で行われる。全世界を流通するリチウムの60%以上を中国が加工して供給している。このような状況を受け、中国工業情報化部(MIIT)は先月セミナーを開いて中国非鉄金属産業協会(CNMIA)や中国自動車工業協会(CAAM)などの関連業界とともにリチウム価格を合理的水準に戻す方案を議論した。

スポンサードリンク
中国政府は石炭や鉄鋼のような原材料価格が上昇する時にたびたび介入していたが、電気自動車産業に関連して介入した事例はあまりない。ブルームバーグ通信は中国政府がリチウム価格の上昇が業界に及ぼす影響に対して敏感になっていると分析した。中国でさえ電気自動車市場拡大によって増えたリチウム需要に追いつけないでいる。2018~2020年リチウム市場が弱気相場に陥り、関連するプロジェクトの相当数が遅延あるいは中止に追い込まれたためだ。
https://japanese.joins.com/JArticle/289715?servcode=A00§code=A00

2022-04-08-k002.jpg

電気自動車(EV)のバッテリーメーカーは、炭酸リチウム価格の高騰で約25%の値上げが必要になる見通しで、利益率が圧迫され需要破壊につながる恐れがある。多くのバッテリーの主要材料である炭酸リチウムの中国での価格が過去1年間で5倍に跳ね上がり、コスト転嫁でEVメーカーは最大15%値上げする可能性があり、需要に打撃を与えかねない。

従来、バッテリーの価格コスト曲線は何年にもわたり年3ー7%のペースで低下しており、それはほぼ不可避なように思われていたが、世界はそれに伴って投入コストの新しいパラダイムが生まれたと指摘している。モルガン・スタンレーは、EVメーカー大手の米テスラの投資判断を「オーバーウエート」とし、株価目標を現状より約30%高い1300ドルとし、バッテリー業界に「大規模な」長期的変化の余地がある中で、テスラは他のEVメーカーに比べ、規模と技術、垂直統合の面から試練に耐える最適な位置にあると評価している。

関連記事

[ 2022年04月08日 08:50 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp