韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  韓国、国民1人あたり国家負債2015万ウォン

韓国、国民1人あたり国家負債2015万ウォン

国民1人あたりの国家負債が2000万ウォンを超えた。国会予算政策処の「国家債務時計」によると、3日昼12時現在の国民1人あたり国家債務は2015万6589ウォン(約210万円)だった。これは同じ時間の国家債務総額予測値1039兆9320億ウォンを今年4月末の住民登録人口(5159万3000人)で分った数値だ。

1人あたりの国家債務は文在寅(ムン・ジェイン)政権での増加ペースが特に速かった。2015年末に1212万ウォンだった1人あたりの国家債務は今年4月末に1978万ウォンに増えた。以前の16年間と比較すると、増加ペースが倍になった。2000年に237万ウォンだった1人あたりの国家債務は2016年になってこそ1200万ウォンを超えた。

これは文在寅政権の5年間の国家債務が415兆5000億ウォン(62.0%)も増えたからだ。文政権が今年最後に編成した予算の第1次補正予算案を基準に1075兆7000億ウォン(年末基準国家債務予想値)まで増加し、過去初めて1000兆ウォンを超えた。国家債務比率も大幅に上昇し、「マジノ線」と見なされてきた40%線を超えて50.1%まで上がった。

スポンサードリンク
ソウル市立大のキム・ウチョル教授は2月に発表した報告書「中長期財政健全性維持案」で「国家債務が毎年平均10%ずつ増え、2017年に36.0%から始まった国内総生産(GDP)に対する債務比率が2022年に50%まで上がったが、こうした増加幅(14%ポイント)は2004年から13年間の3つの政府で累積して増えたものと同じ水準」と指摘した。
https://japanese.joins.com/JArticle/292770?servcode=300§code=320

2022-07-04-k005.jpg

2026年までに韓国の国家負債比率がOECD(経済協力開発機構)加盟国中最も速く増加するとの分析結果を、韓国経済研究院が発表している。国家負債は、文在寅前政権の5年間で過去最高額の400兆ウォン(約38兆 4,694億円)を超えており、次期政権は総額103兆円以上の借金を抱えてのスタートとなった。

国会予算政策処(NABO)は『2021~30年中期財政展望』で、現在の政策基調が続くと想定した場合、国家債務は2022年に1,072兆ウォン(約103兆980億円)を突破し、2029年には89%増の2,029兆5,000億ウォン(約195兆1,715億円)に拡大するとの見解を示した。負債が積もれば利子も増える。国会予算政策処の予想が的中した場合、2029年以降は利子だけで30兆ウォン(約2兆8,850億円)以上を支払う算出になる。

韓国の国家債務は2021年末の本予算基準で1,064兆ウォン(約102兆3,220億円)に達しており、企画財政省の試算によると国家債務を人口で割った国民1人当たりの国家債務は年内に2,081万ウォン(約200万円)に急増する。2022年の総合財政支出(政府の総収入から総支出を差し引いた額)は61兆9,000億ウォン(約5兆 9,527億円)と韓国史上初めて4年連続で2桁の赤字を記録し、2026年には85兆9,000億ウォン(約8兆2,607億円)に拡大するとした。

関連記事

[ 2022年07月04日 08:37 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
D2なら…
日本と同じ債務内容だと…
[ 2022/07/04 15:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp