韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  韓国、貿易赤字が過去最悪となる韓国経済

韓国、貿易赤字が過去最悪となる韓国経済

物価が上昇する中、韓国経済を支える貿易にまで赤信号がついた。今年上半期の韓国の貿易収支が103億ドルの赤字となった。上半期基準で過去最大規模の赤字だ。輸出は最高実績だが、原油価格の上昇などで輸入額がさらに大きく増えているからだ。最近の対内外経済環境をみると、当分は物価高、ウォン安ドル高の影響が続くと予想され、下半期の見通しも良くない。

産業通商資源部によると、今年上半期の輸出額は前年同期比15.6%増の3503億ドルだった。上半期の月別輸出額は毎月過去最高を更新している。操業日数に関係なく一日の平均輸出額も初めて26億ドルを超えた。半導体(20.8%増加)、石油製品(89.3%)、石油化学(16%)・鉄鋼(26.9%)など主要品目の大半が上半期基準で過去最高となり、中国・東南アジア国家連合(ASEAN)・米国・欧州連合(EU)を対象にした輸出がすべて上半期基準で過去最大となった。特にロシアのウクライナ侵攻以降、世界の経済成長が減速する中でも2けた増加率を維持している。

しかし物価高、ウォン安ドル高の中、上半期の輸入額が3606億ドルと前年同期比26.2%増加し、貿易収支は103億ドルの赤字となった。上半期基準では1997年の91億6000万ドル以来の最大規模で、半期基準では1996年の下半期(125億5000万ドル)以来2番目に大きい規模だ。

スポンサードリンク
今年上半期には原油・ガス・石炭価格上昇とウォン安ドル高で3大エネルギー源の輸入額だけで878億6000万ドルにぼった。これは前年同期比410億ドル(87.5%)増。この期間、国際原油価格は60%(ドバイ油基準)、液化天然ガス(LNG)は229%、石炭は223%(豪州炭基準)値上がりした。産業部は「3大エネルギー源輸入額の増加が貿易赤字発生の核心要因」と分析した。原材料価格も上昇し、非鉄金属・鉄鋼の輸入も30億ドル以上増加した。
https://news.yahoo.co.jp/articles/a607f453df91f42daa33f35e452f3da60001c36e

2022-06-22-k003.jpg

韓国は2021年12月、韓国の貿易収支は赤字に転落した。同国の貿易赤字は2020年4月以来の20ヵ月ぶりだ。12月の輸出は、前年同月比18.3%増加の607億4000万ドルと過去最高を記録した一方、輸入は同37.4%増の613億2000万ドルと輸出額を上回った。韓国の貿易に関する交易条件(輸出物価指数/輸入物価指数×100)の悪化傾向があり、韓国の輸出製品の競争力に陰りの兆候が出始めた。

先月、韓国貿易協会・国際貿易通商研究院は、2022年上半期の輸出入評価および下半期の展望」報告書で、今年の輸出は昨年より9.2%増えた7039億ドル、輸入は16.8%増えた7185億ドルを記録するとした。これに伴い、貿易収支は147億ドルの赤字になる予想で、韓国の年間貿易収支は14年ぶりの赤字。ロシア・ウクライナ戦争と中国の封鎖措置など難しい対外条件の中でも輸出は好調で、史上初めて7千億ドルを突破するとした。

特に半導体輸出がファウンドリ需要を基に昨年より10.2%増加し、石油製品(50.5%)と石油化学(9.6%)の輸出も物量増加と単価上昇により大幅に増え、自動車の半導体の供給不足にともなう生産支障と物流難にもかかわらず、一台当たりの単価が上がり、昨年より輸出額で11.1%増加するとみられる。また船舶輸出は新型コロナ大流行以後に受注が急減し、引き渡し予定物量が大幅に減ったうえに、ロシア向け輸出が予定されていた大型LNG船の引き渡しが遅れ、昨年より21.9%減少するとした。

関連記事

[ 2022年07月03日 07:34 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp