韓国経済News

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済News TOP  >  韓国経済 >  韓国のバイオベンチャー企業がナスダック市場デビュー

韓国のバイオベンチャー企業がナスダック市場デビュー

韓国のバイオベンチャー企業がSPAC合併を通じて米国のナスダック市場にデビューする。「Kバイオ」がナスダックに入ったのは今回が初めて。これを機に米国進出を図る韓国のバイオベンチャー企業が今後増えると専門家らはみている。

28日、業界の関係者によれば、ナスダック上場スペックである「イグナイト・エキジション」は最近株主の会議で韓国のバイオベンチャー企業であるピークバイオとの企業結合を最終的に承認した。今年の4月にイグナイトとピークバイオが企業結合に合意してから6ヶ月ぶりのこと。投資業界の関係者は「株主の買収、請求手続きを経て、来月ごろには合併法人株が取引できるようにする」と伝えた。

ピークバイオはグローバル製薬会社であるサノピー出身のホ・ホヨン代表が設立したPHパーマーから生まれた会社である。PHパーマーは2020年、コスダック市場で上場を図っていたが、韓国の取引所審査で落ちた。資金を集めることが優先となったPHパーマーはナスダックへの上場のためにピークバイオを立ち上げた。ピークバイオは遺伝疾患に必要な薬の開発のために、臨床2床を始める予定だ。

スポンサードリンク
SKパムテコ、NKマックスの米国法人などもナスダックへの上場を検討している。バイオ資金投資が全部中止となった韓国国内より資金調達が容易であることやグローバル技術トレンドに乗りやすいと判断したからだ。リュ・ジンヒョプ、バイオオーケストラの代表は「大規模資金調達が可能なのもナスダックの魅力」であると伝えた。

「Kバイオ」が米国進出に注目するのは臨床開発に必要な大規模資金調達が韓国国内より容易であること。そして、グローバル製薬・バイオの最新トレンドを経験できるからだ。バイオベンチャー企業A社のCEOは「米国のヘルスケア産業に集まる資金規模は韓国国内に比べるものにならないぐらい大きい」と説明。韓国国内でのバイオベンチャー上場の壁が高いのもこうした理由からであると伝えた。
https://news.yahoo.co.jp/articles/e45ef0518e889772d680c4b4ebbb3948f41a5f56

2022-11-01-k003.jpg

韓国内の製薬・バイオ企業の技術輸出が本格化した最初の年である2015年以来、毎日経済新聞がKバイオの新薬候補物質の輸出契約を集計した結果、技術輸出契約の解約・リターンは毎年発生している。この6年間で国内の製薬・バイオ業界の新薬候補物質の輸出契約額は36兆5895億ウォンに達する。このうち中途で解約されたのは総契約額の27.4%に達する11兆5485億ウォン規模と集計された。

相対的に資本力が不足している国内の製薬・バイオ業界は、これまでのあいだ技術輸出で資金を調達して成長してきたから、技術輸出が途中で破棄されて返品されると収益の損失はもちろん、信頼の低下などで企業は耐え難い逆風に苦しむしかない。新薬開発の過程で成功するかどうかでさえ不確実なひとつの候補物質に対する臨床には、最小でも1000億~2000億ウォンの開発費が投与される。

それだけに資金力が裏付けされていなければ新薬の開発は不可能だ。このために国内の各企業はほとんど新薬候補物質の臨床を終えずに、開発途中で資金力を備えた米ファイザーや米ジョンソン・エンド・ジョンソンなどのグローバルな恐竜製薬に渡した後、一定額の先渡し金と臨床成功時にロイヤリティを受ける条件での技術輸出契約を好む。

問題は技術輸出に成功したとしても、輸出された候補物質が臨床の成功後に新薬として許可を受ける確率は高くないという点だ。業界の専門家らは、ある程度の初期臨床および検証を終えた後に輸出した新薬候補物質であっても、新薬開発につながる可能性は20~30%水準で見ている。技術輸出された新薬候補物質の70~80%は、臨床の失敗などで中間に返されることになる。

関連記事

[ 2022年11月01日 08:14 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp