韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  台風でも会社休めない? 日本人、シンドイなぁ・・・

台風でも会社休めない? 日本人、シンドイなぁ・・・

先日強い勢力をもって台湾南部に上陸し、被害をもたらした台風1号。台湾では、その進路予測に対する疑問の声と同時に、不確かな予測に基づいて台北市で出された「台風休み」の是非をめぐる議論が起こったようだ。

台湾メディア・中国時報電子版は11日、「台風休み」が出る台湾は幸せであるとする日本人ネットユーザーの意見を紹介する記事を掲載した。

記事は、台風の襲来に備えて台北市では学校や会社が休みになったものの、結局台風は台湾南部を直撃したため「空振り」となったと説明。そのうえで、台湾在住の日本人ネットユーザーが「台風休暇とは、日本人にしてみればとても思いやりのある文化だと思う」とし、自身が大阪で仕事をしていた際に「台風で休みになったことは1度もなかった」と語ったことを伝えた。

このネットユーザーはさらに、台風が来れば交通機関がストップしてしまうため「前もって会社に行く」ことが求められると説明。日本企業は「台風は予測できる事情」であると認識されるため、当日遅刻をすれば上司から叱られる可能性すらあると述べている。


スポンサードリンク


記事は、台湾のネットユーザーから「日本は仕事のプレッシャーが半端ないな。やっぱり観光で行くに限る」、「本当にお疲れさまだ」、「日本の労働者の権利がより高まることを心から願うよ」といった感想が寄せられる一方で、「日本でだって台風休みはある。すべての会社がこんな残忍なわけではない」、「台湾だって、サービス業を中心に台風でも休めない人はいる」といった意見も出たことを紹介した。

台湾のネットユーザーが指摘するとおり、記事で紹介された日本人ネットユーザーの話はあくまでも個人の体験談に過ぎない。もちろんやむを得ず帰宅せずに会社に泊まる、会社付近の宿を取るといった策をとって当日の出社を確保するケースもあるだろうが、昨今では多くの企業において台風襲来前の帰宅、通過後の出勤と認める、あるいは強制する措置が取られている。社員の身の安全を確保することが先決なのだ。
http://news.searchina.net/id/1614314?page=1

【管理人コメント】
決められたことを決められた時間でやり通すのが、日本企業のサラリーマンと考えれば、日本企業が円高時でも利益を上げてきた理由でもある。日本人は融通が効かない。能力が低いから長時間働くと海外では言われがちだが、そうではない~。それぞれに目標があり、責任感があるという事だ。最近ではかなり融通は利くように変わってきたのではないか…。。。

台風でも休める様にはなってきてはいるが、自分の変りは誰がやるのかと言う意識は変わりがないわけで、そういう意味では真面目ですね~。もう少し気を楽に持てればと思いますが、そうもいかないのが日本人。私などは引退しても、逆に休みは無しですからね~。何でもやりすぎて体を壊すのも日本のサラリーマンの特徴と言えるでしょうか…。そういう意味では、今後は気持ちの改善が必要ですかね~。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月15日 18:57 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp