韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国旅行制限で中国語ガイド3000人が「開店休業中」

韓国旅行制限で中国語ガイド3000人が「開店休業中」

終末高高度防衛ミサイル(THAAD)配備に反対する中国の韓国旅行制限措置が、韓国人の中国語観光ガイド(観光通訳案内士)を直撃している。韓国観光通訳案内士協会によると、現在仕事がなく、「開店休業」に追い込まれている中国語ガイドは約3000人にのぼると推定されるとのことだ。中国語ガイド計8000人のうち約40%が現在、失業状態にあるということだ。

ガイドの一部は生計を立てるためアルバイトをしている。済州島で中国語ガイドをしているキムさん(52)は、仕事が月に1-2回に減ったため、先週から知人が経営する飲食店の調理場で働いている。

中国語以外の外国語ができるガイドは「業種変更」した。日本語ガイドを10年以上務め、14年に中国語ガイドになったリュ・ヘギョンさん(51)=女性=は、先月から再び日本語ガイドをしている。リュさんは「昨年まではガイドの間で『日本は小当たり、中国は大当たり』とよく言われて、かなりの数の日本語ガイドが中国語ガイドになったが、結局は逆になった」と語った。

通訳案内士試験合格を目指す人々が通う学校も表情は暗い。ソウル市中区にある世宗観光通訳ガイド学院の関係者は「中国語ガイドクラスの受講生は昨年1200人以上いたが、今では200人以下に急減した」と語った。韓国産業人材公団が主管する中国語ガイド試験の合格者は、中国人観光客の増加に伴い、2011年の370人から14年には2468人へと急増した。

しかし、15年は中東呼吸器症候群(MERS=マース)発生で1963人、昨年はTHAAD配備問題の影響で1418人と減少している。今年は年に2回だった中国語ガイド試験が1回に減り、合格者も少なくなるものと見られる。ソウル市鍾路区にあるガイド養成学校関係者は「受講生がほとんどいないので、講師の給料もきちんと払えない状況だ」と語った。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/03/24/2017032401915.html

【管理人 補足記事&コメント】
韓国の経済成長を牽引してきた財閥経営は、素早い意思決定と思いきった設備投資で、世界市場で存在感を高めてきた。財閥グループは、今や上位財閥数社で韓国GDPの大半を稼ぎだしている。日本に追いつき追い越せの国民意識で、世界市場でのシェアを日本から奪った産業もある。しかし中国とて経済低迷となれば、競合する分野で赤字を出している半導体事業などは、中国の関連中小企業は倒産連鎖となっている。解消するにはまだ最低でも1~2年はかかるだろう。

一方で化粧品などなどを含めた韓国商品を締め出す事で、中国内で自国民資金が循環するようにしなければ、海外に資金は逃げるわけで、中国政府は必至な状態だ。韓国経済も中国依存度が高いわけで、あてにしてきた中国から不必要な排除が実施されれば、韓国経済のダメージは拡大する。海外旅行などは娯楽であるから、中国政府からすれば自国内旅行で資金を使ってくれたほうがありがたいのは事実。低迷になるほどに日本へも影響してくるだろう。ただ環境汚染問題がある限り個人旅行者は増える一方となるが…。



最新コメント
関連記事

お勧め記事


ブログパーツ
[ 2017年03月26日 10:33 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(1)
東京2020は無給のボランティア
韓国は仕事の無い観光ガイドが3000人ですか。
東京は・・・
おもてなし東京(東京都観光ボランティア)
ロンドンを見習って無給のボランディアを9万人作る。9万人!!
これは公的な人員募集。
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2016/11/18/documents/13.pdf

これはボランティアだから失業問題は起こさないが、
途中で「やーめた」と抜けても「罰」はないでしょう。
[ 2017/03/26 20:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL