韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  メモリーを席巻した韓国、今後システム半導体の攻略に本腰

メモリーを席巻した韓国、今後システム半導体の攻略に本腰

メモリー半導体を前面に出して「スーパーサイクル」(長期好況)に入った国内半導体企業がシステム半導体でもう一度の跳躍を準備している。メモリー半導体がデータを「保存」という装置であれば、システム半導体(非メモリー半導体)はデータの「処理」を担当する。メモリーの代表走者がDRAM・NAND型フラッシュメモリーであれば、システム半導体の代表走者ではモバイル機器の「脳」に当たるアプリケーションプロセッサ(AP)、「目」に当たるイメージセンサー(CIS)などがある。

SKハイニックスは10日、忠北清州(チュンブク・チョンジュ)本社でファウンドリ専門会社「SKハイニックスシステムIC」の発足式典を開いた。事業部門を分離して別途の子会社を作ったわけだ。初代社長はSKハイニックスのキム・ジュンホ経営支援総括社長が務める。SKハイニックス側は「小品種を大量生産するメモリー事業と違い、システム半導体は多品種を少量生産しなければならないため、独自経営する必要があると判断して分社することになった」と説明した。SKハイニックスは役職員1300人をファウンドリ専門会社の所属に職務を変更し、新規および経歴社員の採用も準備している。





サムスン電子やSKハイニックスのように半導体の設計から生産まですべてを手掛ける会社を総合半導体(IDM)会社とし、ファウンドリ市場に委託注文することだけを専門とする業種をいう。ファウンドリに注文が入ってくる製品がほぼ非メモリーであるシステム半導体であるため、業界ではファウンドリとシステム半導体の用語を混用している。新設されたSKハイニックスシステムICは、生産工場なしに半導体設計だけを専門で手掛ける企業である「ファブレス」顧客を確保してシステム半導体の生産量を増やそうとしている。
http://japanese.joins.com/

【管理人 補足記事&コメント】
2016年の専業ファウンドリ市場は、いわゆる"ビッグ4"(1位の台湾TSMC、2位の米GLOBALFOUNDRIES(GF)、3位の台湾UMC、4位の中国SMIC)だけで全体の85%のシェアを占めている。中でもトップのTSMCだけで、59%のシェアを占めており、独走態勢を築いている。同社の2016年における成長率は11%で、前年比で売り上げは29億ドル増えたこととなる。2位のGF、3位のUMC、4位SMICの3社の売上高を合わせたシェアは26%で2014年とほぼ変わらない。

トップ10の中で、最も成長率が大きかったのはアナログ/ミクスドシグナル、高耐圧パワーデバイス専業ファウンドリのX-Fabである。成長率は54%となる。同社は2016年秋に、フランスのファブレスAltis Semiconductorを買収して売り上げを伸ばすことで、トップ10入りを果たした。同社の源流は日立製作所の欧州半導体工場である。後にルネサス テクノロジーに移管され、さらにはルネサスのリストラで、同社の従業員(ドイツ人経営幹部)に売却された。一方で、中国最大の半導体メーカーであるSMICが2016年X-Fab株式の7割を獲得し、車載半導体に参入を果たした。SMICも2016年の成長率は31%で、中国の国策にそって猛攻を始めている。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年07月11日 13:34 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp