韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国社会 >  ボイコットなんてしなくても韓国人は日本車に乗らないらしい

ボイコットなんてしなくても韓国人は日本車に乗らないらしい

中国国内では「愛国」を理由に、日系車の排斥を叫ぶ声が一部で存在するが、実際には日系車の販売は好調そのものであり、17年1ー10月の販売台数は前年比14.72%も増加している。 一方、韓国の自動車市場では韓国車が圧倒的なシェアを獲得しており、日本車を含め、外国車は韓国車に勝てない状況が続いているのが現状だ。中国メディアの今日頭条は14日、「韓国人は自国の車である韓国車を支持している」と伝え、中国と韓国の違いについて嘆く記事を掲載した。

記事はまず、中国車の品質は近年、明らかに向上してきており、「中国車に乗っていたのではメンツが立たない」と考えていた中国人消費者にも徐々に受け入れられつつあることを指摘する一方、中国ではドイツ車や日系車などの合弁車が市場の約半分を押さえていて、実際に街中では合弁車を数多く見かけると紹介。

だが、韓国を旅行で訪れた中国人の多くは「韓国の街中ではほとんど日本車を見かけず、走っているのは韓国車ばかり」であることに驚いてしまうと指摘。中国と大きく違っているのは、韓国人は自国の車に乗ることを「メンツが立たないこと」と見なしていないということだとし、しかも韓国では日本車がほとんど存在しないにもかかわらず、韓国人は別に日本車を排斥しているわけでもないことも驚きであるとした。





続けて、韓国人が自国で自国の車を支持していることで「自国の車は成長の機会を得ることができる」とし、中国人は韓国人を見習わなければならないと指摘。中国車がさらに高い競争力を得ることができれば、中国人は韓国人のようにわざわざ日系車を排斥せずとも、自国を中国車でいっぱいにすることができるはずだと主張している。
http://news.searchina.net/

2016年10月30日、中国のポータルサイト・今日頭条が、韓国人は日本車を買わないというのは本当なのか検証する記事を掲載している。 2012年に韓国でカローラの販売を始めたトヨタの場合、月間販売目標が500台だったのに対し、実際に販売できたのは毎月平均3台にすぎなかったと指摘。中国では毎月1万台以上販売されているのとは大きく異なっているとした。 また、2015年韓国に輸入された海外メーカーの自動車総数は24万3900台だが、そのほとんどがドイツ車であり、今年上半期の海外メーカー売り上げトップ10のうち、上位8車種がドイツ車で、9位にレクサスが入ったものの、半年で3000台弱の売り上げにすぎないと指摘。韓国では日本車を購入する人は非常に少ないとした。

最近では様相は変わりつつあるようだが…。「単に韓国人は日本車を買うお金がないだけだろ?」 と言う意見もちらほら…。なにせ今では訪日観光客一位の韓国である。良ければ日本製でも購入する異常な対応でもある。一方日本は品質第一であるから、撤退した韓国車はほとんど売れることが無かった。



関連記事

ブログパーツ
[ 2017年11月19日 10:43 ] カテゴリ:韓国社会 | TB(0) | CM(1)
韓国での 日本車の位置
韓国人は 車を ステータスと考えているため ベンツ、BMWその次に 日本車かと いった感じだろう。

お金が ないわけでなく 見栄を優先するために 購入検討はベンツ、BMWが優先となる。 

レクサスを買う金が あれば ベンツ、BMWを 検討する人が 多い。
[ 2017/11/20 10:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp