韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  時給300円以下、月残業100時間超…で作られるAmazon製品の実態

時給300円以下、月残業100時間超…で作られるAmazon製品の実態

これが安さの秘密? このところ従業員の過酷な労働環境をめぐって、厳しい批判も相次いでいるAmazon(アマゾン)ですけど、中国の製造工場をめぐって、また新たな告発が飛び出しましたよ。低コストの生産ラインが集まる中国の基準に照らしても、やはりその労働条件は劣悪なんだとか。告発を受けて、改善も図られてはいるようですけど…。

中国の労働権利団体のChina Labor Watchは、Amazon EchoやKindleなどの製造を請け負う、湖南省衡陽市にあるFoxconn傘下の工場での労働環境を、9か月間にわたって追跡調査。その結果、繁忙期には月の残業時間が100時間を突破しており、中国の労働基準法で定められた月36時間の残業時間の上限を大幅に上回っていることが明らかになりました。始業前10分は無給で点呼に呼び出され、休日なしで14日間の連続勤務を強いられていた従業員も少なくなかったほか、このすべてが日本円にして300円を下回る、2.26ドルの時給の支払いのみで進められていたそうです!

こんな厳しい現状を、China Labor Watchは報告していますね。ちなみに上記の労働環境は、一般的な正規雇用の従業員について述べたもので、非正規雇用や派遣労働者の労働条件は、往々にして残業代すらろくに支払われず、もっと悪いと告発されています。また、十分な安全教育やトレーニングを受けられないまま、すぐに危険な製造ラインに組み入れられるのが日常茶飯事で、従業員たちの住まう寮には、非常口も消火設備も整っておらず、社員の安全は軽視されていると、激しく非難されていますよ。


すでにAmazonは、今回のChina Labor Watchによる告発を受ける前から、社内でも労働環境の改善を要する事態を複数発見し、その対応にあたってきたと釈明。Amazonが得ている莫大な利益は、下層の労働者から搾り取り、その犠牲のうえに成り立ったものだとの批判をかわすべく、火消しに努めてもいるようですが…。
http://news.livedoor.com/

台湾の鴻海精密工業は10日、米人権団体が同社の中国工場の労働条件を問題視する報告書を公表したことを受け、調査を行っていると発表した。ニューヨークに拠点を置く米人権団体「チャイナ・レーバー・ウオッチ」は、ホンハイが米アマゾン・ドット・コム(AMZN.O)から委託されてスマートスピーカー「エコー」と電子書籍端末「キンドル」を製造する湖南省のホンハイ工場の労働条件が劣悪だと指摘している。

長時間労働や低賃金、不十分なトレーニング、派遣社員や臨時職員への過度の依存などの問題があるとし、これらが中国の法律に抵触しているという。ホンハイは声明で、報告書に指摘されている問題の全面的な調査を行っており、事実だと判明した場合にはすぐに措置を講じるとしている。チャイナ・レーバー・ウオッチによると、この工場では従業員の約40%が派遣社員で、中国で定められている上限の10%を超えているという。 ホンハイを巡っては、中国工場で2010年に従業員が相次ぎ自殺し、長時間労働などの問題が指摘されていた。これを受けて同社は労働条件を改善する方針を示していた。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年06月14日 09:38 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(1)
トランプ公認のバトル
これは、なんですか、
アマゾンが中国製造者を買い叩いていて、
中国政府は労働法より、就労を優先なのか。
「権利」とか言われると、中国政府は腰が引けるのだろう。
China Labor Watchという米国の権利保護団体が
バトルを仕掛けているような。
トランプとジェフ・ベゾス(アマゾンのオーナー)は
仲が悪いからアマゾン叩きは公認だろうし。

湖南省は農民工が多い地域のようだ。

習近平総書記が湖南省西部で貧困者支援事業を視察
http://japanese.beijingreview.com.cn/zz/txt/2013-11/04/content_576033.htm
[ 2018/06/14 23:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp