韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国の不況は1990年代の日本より深刻!

韓国の不況は1990年代の日本より深刻!

2018年6月26日、韓国・朝鮮日報は、現在の韓国の不況が1990年代の日本と類似しており、専門家の間では「日本以上に深刻」との指摘も出ていると報じた。 記事はかつての日本と現在の韓国の状況を比較。日本経済の長期低迷のシグナルは「民間消費の急落だった」とし、韓国については「2000~07年は年平均4.3%だったが、それ以降は2.2%に。昨年は2.6%増えるも海外支出を除けば1.6%にとどまっている。これは1990年代の日本よりも低い」と伝えている。

記事によると、韓国の若者の失業率は先月10.5%と5月基準で過去最悪を記録。一方、1990年代の日本の若者の失業率は5~6%だった。当時日本ではユニクロや100円ショップのような低価格の日用品売り場が急成長したが、最近の韓国でも「ダイソー」が最高売上を更新しているという。その中心には若者層がいるとされ、専門家は「若者層が大きい消費を躊躇し低価格品ばかりを求めるのは、内需低迷が日本のように長くなり得るシグナル」と警鐘を鳴らしている。

また、記事はさらに深刻なのは「高齢者」だと指摘する。今年第1四半期基準の所得下位20%(1区間)の世帯主の平均年齢は62.6歳で、増加する韓国の高齢者人口の多くは貧困層。高齢者世帯資産のうち現金・預金など金融資産の割合は、韓国18.8%、日本41.5%(2014年基準)で、韓国は日本の半分にも満たない。韓国では資産が不動産に集中しており、「日本のように不動産バブルが崩壊したら命取りになりかねない」とも伝えている。専門家からは「政府が不動産市場を軟着陸させ、金利引き上げ問題を慎重に扱わなければならない」との指摘が出ているという。


さらに、日本は1990年に企業負債が国内総生産(GDP)の140%まで高騰した。韓国は昨年第3四半期基準99.4%でこれより低いものの、家計負債が大きな問題になっている。GDP比家計負担は同時期で94.4%、日本の家計負債は94年に84%を記録後、以降90%を超えたことがないそうだ。これについて、専門家らは「韓国は家計負債の割合が高く、バブルが弾けると直ちに家計が打撃を受けて消費低迷がくるという点から、潜在リスクはさらに大きい。日本を反面教師にする必要がある」と話しているという。
https://www.recordchina.co.jp/

2004年の東亜日報でも、韓国は、不動産のバブルや金融機関の不健全化が日本のように深刻なものではないが、1990年代の日本経済と類似しており、『不況の慢性化』につながりかねないと報じている。不動産のバブルがはじけて顕在化した金融システムの機能不全は、1990年代日本の長期不況の主な原因となったとし、韓国と日本の不況の初期の様子が類似している上、長期不況に突入するようになる似たような問題を抱えていると指摘している。その当時から長期不況の典型的な特徴である、貿易収支額が黒字でありながらも消費と投資マインドの冷え込み、不動産の投機抑制策による建設景気の落ち込み、消費低迷の長期化傾向と製造業の空洞化現象、低金利の中での景気低迷とマクロ経済政策の効き目のなさが現れているとしている。

今の韓国経済は家計負債は限界点。企業技術も限界点。半導体頼みも限界点。家計負債を支える不動産経済は来年の元本返済で崩壊となりそうだ。今まで付けであるから、中小企業の内需活性化に力を入れずにきた、韓国政府のだらしなさともいえる。犯罪大統領の姿を見れば理解できるのではないか、

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年06月28日 08:44 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp