韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国政府、自動車・造船分野の中小企業に3.5兆ウォン支援

韓国政府、自動車・造船分野の中小企業に3.5兆ウォン支援

韓国政府が自動車・造船など主力産業と革新成長分野の中小・中堅企業に総額3兆5000億ウォン(約3260億円)の政策資金を追加供給する。崔鍾球(チェ・ジョング)金融委員長は27日午後、蔚山市で蔚山・慶尚南道地域の企業経営者と会い、「主力産業を含む製造業が高付加価値化できるように、金融部門が十分に下支えしていく」と説明した。

韓国産業銀行は「KDB経済活力向上特別運営資金」に2兆5000億ウォンの融資枠を設定し、28日から貸し出す。対象は自動車、造船、ディスプレー、石油化学という4大主力産業のほか、政府が宣伝している革新産業関連の企業だ。融資額の上限は中小企業が50億ウォン、中堅企業は70億ウォンで、これまでの産業銀による融資に比べ、金利を最大で1ポイント引き下げた。

産業銀はまた、「革新成長設備投資特別オンレンディング」で1兆ウォンの融資枠を設定し、7月から運用する。産業銀は市中銀行などを通じ、主要主力産業と革新成長などの分野の中小企業に最大で金利を0.45ポイント引き下げ、設備投資資金を融資する。1社当たり最大で300億ウォンまで融資が受けられる。
http://www.chosunonline.com/

スポンサードリンク
また韓国政府は企業支援で税金を投入する。韓国産業銀行には日本のみずほ銀行もかかわって融資した経緯がある。大半がサムスンに使ったわけで、対象は自動車、造船、ディスプレー、石油化学という4大主力産業のほか、政府が宣伝している革新産業関連の企業というが、何が革新なのだろうか…。低迷した部分を補填するだけでしかない。

今の比較的大きな中小企業が設備投資したところで、成長戦略がなければ、無駄となる。金を借りても返せないという事だ。今の韓国の銀行は貧弱で、企業は金を借りにくく、仮に借りても金利が高く返しにくいという現実がある。そこで産業銀行が乗り出したというわけだが、企業自体に成長するだけの能力が欠けていれば無駄に終わる。政府はその部分をどのように補填するのか…。今の韓国政府では単に金を出すだけである。これは企業の成長を促す環境つくりとは別次元となる。

重要なのは、成長戦略出来る環境には、金のほかに人材育成も含まれる。如何に受注を増やすかは、マーケティングが担うわわけで、実現するロードマップや計画が戦略であるから、戦略に何が不足するのかを明確にし、企業成長しやすい環境を作らない限り金の無駄となる。

関連記事

[ 2019年06月28日 09:44 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp