韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本社会 >  新型肺炎、日本縦断「感染爆発」警戒! 専門家「現時点で数千、数万人いてもおかしくない」 ウイルスをばらまく「スーパースプレッダー」出現も

新型肺炎、日本縦断「感染爆発」警戒! 専門家「現時点で数千、数万人いてもおかしくない」 ウイルスをばらまく「スーパースプレッダー」出現も

新型コロナウイルスによる肺炎(=COVID19)が日本全土に蔓延(まんえん)している。北海道から沖縄、そして東京都心部に電車通勤するサラリーマンも発症、専門家は「現時点で数千~数万人の患者がいてもおかしくない」とみる。病院内での感染懸念もある一方、海外ではウイルスを大量にばらまく「スーパースプレッダー」も出現しており、どこでうつってもおかしくない。日本も「感染爆発」を覚悟すべき段階だ。

発生源の中国本土では15日朝の時点で、感染者が6万6492人、死者は1523人まで増加した。日本では14日午後の時点で、国内での確認例は28人、チャーター機での帰国者やクルーズ船の乗船者を含めると259人。国内での日本人の死者は1人。 東京で新たに判明した2人の感染者のうち70代男性は、1月18日に都内の屋形船で開かれたタクシー組合の宴会でアルバイト勤務し、直前の15日か16日には中国・武漢からの旅行者を接客していた。タクシー組合の宴会には今月13日に死亡した80代女性の義理の息子に当たる70代のタクシー運転手も参加していた。

沖縄県で60代の女性タクシー運転手が感染したほか、北海道では50代男性が重篤。愛知県の60代男性はハワイ滞在中に風邪のような症状が始まったという。横浜市の30代男性消防職員は、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から患者搬送を担当したが、これ以前に感染したらしい。

スポンサードリンク
経路が不明のまま感染が広がる事態も生じている。和歌山県の済生会有田病院に勤務する50代男性勤務医の感染が確認されたが、同病院を外来受診した70代男性も感染、症状は重いという。日本感染症学会理事長で東邦大学教授の舘田一博氏は「感染の拡大は予想通り」とした上で、「武漢から入ってきたウイルスであることは分かっているため、和歌山だけでなく、日本中で警戒すべきだ」と話す。
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/200215/dom2002150005-n1.html

2020-02-15-k005.jpg

韓国メディアは感染経路不明で日本は大パニックと報じている。国内では軽症の患者が多いとされたが、高齢者などには深刻な感染症だと改めて浮き彫りとなった。 厚労省によると、女性は1月22日に倦怠感を認め、28日に医療機関を受診。2月1日に肺炎と診断され別の医療機関に入院した。6日ごろから呼吸状態が悪化し、13日に死亡した。12日に女性から採取した検体で検査を実施し、死亡後に陽性と確認された。

日本でも院内感染があれば、感染した人がこれから発症する可能性がある。日本の病院とて陰圧・陽圧調整がすべてできているわけではない。まして外来などは自動ドアが開くたびに、空気はより動きが活発になる。完成経路という点では、日本政府は確実に見出してはいないのは事実。政府の対応の甘さも問題となるだろう。いずれにしてもマスクに手の消毒と、自分たちで防衛強化するしかない。
[ 2020年02月15日 18:57 ] カテゴリ:日本社会 | TB(0) | CM(1)
鉄砲玉
日本憎しの文政権は「スーパースプレッダー」を鉄砲玉として日本に送り込んでいると思われ。
[ 2020/02/16 16:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp


スポンサードリンク