韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  ライバルのカカオとネイバー、ともに史上最高値

ライバルのカカオとネイバー、ともに史上最高値

ネイバーとカカオの株価が共に6%以上値上がりし、史上最高値を更新した。米証券市場では、大型技術株が強気を見せている上、新型コロナの変異ウイルスの急拡大を受け、非対面プラットフォーム企業各社が再び注目を集めるだろうという見方が膨らんだ影響だ。

23日、有価証券市場で、ネイバーは前日より8.31%(3万2500ウォン)高の1株=42万3500ウォンで取引を終えた。2008年のコスピ上場後史上最高値といえる。カカオも6.60%(1万500ウォン)高の1株=16万9500ウォンで取引を終え、史上最高値を更新した。

前日、米証券市場ではマイクロソフトやアマゾン、グーグルなどが軒並み上昇した上、米国債金利の下落などで成長株への投資心理が改善されたことが、両社の株価を引き上げたものと見られる。ユアンタ証券のイ・チャンヨン企業分析チーム長は、「新型コロナの『デルタ株』の拡大により、非対面が長期化するという見通しが、非対面プラットフォーム代表走者ともいえる両社の株価高騰につながった」とし、「ネイバーはカカオに比べて低評価された点が浮き彫りになり、上昇率が高かった」と語った。

スポンサードリンク
時価総額3位の座をめぐって、両社の競争もさらに激しくなっている。同日、ネイバーの時価総額は69兆5655億ウォン、カカオの時価総額は75兆2461億ウォンで取引を終え、格差は約5兆7000億ウォンに縮まった。二社の時価総額は1日で8兆ウォン近く膨らんだ。 ネイバーは、機関投資家や外国人がそれぞれ1319億ウォンと955億ウォンを買い付けて上昇ムードを牽引した一方、カカオは個人投資家が446億ウォンを買い越した。
https://www.donga.com/jp/

2021-06-24-k001.jpg

国内二大プラットフォーム企業であるカカオとネイバーは「株価ラリー」を繰り広げている。 23日の韓国取り引き所によると、ネイバーの株価はこの日は8.31%急騰した42万3500ウォンで取り引きを終えた。カカオの株価は前日比で6.6%上昇した16万9500ウォンで取り引きを終えた。ネイバー株の上昇率がカカオより大きかった主な理由は、最近のカカオの上昇傾向によって相対的に低廉になったバリュエーションの魅力が浮き彫りになった。 

カカオは15日に初めてネイバーの時価総額を上回った後、「コスピ時価総額3位」の座を守っている。カカオとネイバーの時価総額は、それぞれ75兆2461億ウォンと69兆5655億ウォンだ。何よりも両社ともにプラットフォームパワーにもとづいて各子会社の成長性が期待される。

特に最近になってカカオの目標株価の上方修正が続いている。今月に入ってカカオの目標株価を上方修正した証券会社は計7社に達する。この日、教保証券はカカオの目標株価を19万ウォンに引き上げた。先立って去る21日、サムスン証券とハナ金融投資はカカオの目標株価をそれぞれ、これまでの15万7000ウォンから20万ウォンに、14万ウォンから19万ウォンに引き上げた。

何よりも額面分割後のカカオの上昇が目立つ傾向にある。カカオは5対1の割合で額面分割を進めており、4月15日に11万2000ウォンで取り引きを再開した後、2カ月めで株価は50%以上も急騰した。これらの上昇の背景には、実績改善傾向と子会社の株式公開(IPO)の勢いがある。

短期的に見れば、最近の世界景気の回復にともなって広告市場の業況が改善され、プラットフォーム企業の業績恩恵が予想されるという分析だ。カカオは第3~4四半期の営業利益は2000億ウォン台に上がり、前年同期比で75.63%、62.28%の成長を続けるものと予想される。

関連記事

[ 2021年06月24日 08:29 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp