韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  国際 >  パンデミック経済危機はこれまでの危機とは違う

パンデミック経済危機はこれまでの危機とは違う

新型コロナウイルス大流行が始まって20カ月が過ぎた。パンデミックは経済的にも大きな衝撃を与えた危機的な事件だった。コロナが初めて世界に拡散し、経済全体がほぼ停止すると、危機を予測する様々な主張が噴出した。V字型の急速な回復を展望する人もいれば、逆にL字型の長期低迷を予想する人もいた。

以前にも、1997年のアジア通貨危機や2008年のグローバル金融危機、2011年の欧州財政危機のような世界的な危機は何度もあったが、今回の危機は性格が全く異なる。既存の危機はすべて企業や金融機関、あるいは政府財政の不良化といった経済内部の問題が原因だった。しかし、今回の危機は感染症という経済以外の要因によって発生した未曾有の事態であったため、参考にするに足る過去の事例がなかった。1世紀前、第1次世界大戦の終盤に発生したスペイン風邪の事例はあるものの、戦争の経済的衝撃が大きすぎたため、パンデミックの影響はほとんど注目を浴びなかった。

パンデミックが招いた経済危機は、これまでの危機とどのように異なるのか、今や整理してみる時間となった。多くの保健専門家は、コロナのような感染症が今後も頻発すると予想する。だからこうした整理はその時のためにも必要であり、また現在の正しい政策選択のためにも必要だ。

スポンサードリンク
まず、パンデミックによる経済危機は、他の経済危機に比べてはるかに鋭いV字を描いた。最初は極端な封鎖措置により経済がほぼ停止状態に陥り、生産と雇用が急激に落ち込んだ。しかし封鎖は政治的にも経済的にも長くは続かなかった。医療システムが再整備されて移動制限が緩和されると、経済は予想より早い回復を見せた。コロナは変異を繰り返しながら予想より長く続いたものの、経済は予想より早く回復したのだ。

もちろん、雇用は生産や輸出に比べて回復がはるかに遅かった。経済的衝撃が部門によって非常に不均衡であることも特徴だ。あらゆる危機は不平等を深化させる傾向があるが、パンデミック危機はその程度がよりひどい。物理的接触による感染という感染症の特徴のため、対面業種と非対面業種の違いもはっきりしている。一方の危機が他方には機会となっている。したがって、パンデミック危機に対する政策処方は、他の経済危機に比べて選別的である必要がある。
http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/41158.html

2014-01-28-watasi.jpg

中国がコロナ発祥の地であれ、広げたのは人間がしたことである。民族大移動による感染拡大と広がりの恐ろしさを思い知らされたことでもある。コロナ感染はいつまた猛威を振るうかわからない。ましていまだ収まる様子はないわけで、ワクチンが一定の効果を出してはいるが、永久的ではないために、また接種が必要となる。

今回の事は、コロナウイルス爆弾を世界に向けて発射したのと同様なだけに、その恐ろしさを実感したのは、発祥の地が中国ならば中国政府は焦りの色を隠せないだろう。世界で多くの人の命が奪われ、またその責任は重いが、自国も大きな痛手を被ったことになる。ウイルス戦争とでもいえるわけで、戦後最大のウイルス被害と言える。 人類はこれをどう受け止めるかは難しい。

弾道ミサイルやら水素爆弾やら、自国防衛も過激に加速し、一定の枠をすでに超えている。再び戦争となれば、世界破滅になるだろうし、とは言え自国防衛の開発競争は激しさを増すばかりでしかない。温暖化や食糧不足或いはエネルギー不足となれば、奪い合いとなり、再び戦争がはじまりかねない。 人間の心の表と裏ともいえる。

関連記事

[ 2021年09月19日 08:19 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp