韓国経済 com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を掲載するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済 com TOP  >  韓国経済 >  LGエナジーソリューション、円筒形バッテリーに760億円投資

LGエナジーソリューション、円筒形バッテリーに760億円投資

LGエナジーソリューションは13日、が忠清北道の五倉(オチャン)工場に総額7300億ウォン(約760億円)を投資し、円筒形バッテリーの生産ラインの新設・増設に乗り出すと明らかにした。

まずLGエナジーソリューションは五倉第2工場に5800億ウォン(約606億円)を投資し、9ギガワット時(GWh)規模の4680円筒形バッテリーの量産設備を構築する。4680円筒形バッテリーは、直径46ミリ、長さ80ミリのバッテリーで、既存の2170(直径21ミリ・長さ70ミリ)規格に対して容量と出力がそれぞれ5倍、6倍程度大きい。そのため走行距離を16%増やすことができ「ゲームチェンジャー」として注目されている。

同会社が4680バッテリーの量産設備の構築・生産計画を明らかにしたのは今回が初めて。ここで生産された4680バッテリーはテスラに供給されると予測される。テスラは現在、パナソニックと共に4680バッテリーを搭載した完成車の量産を準備中だ。 さらに、五倉第1工場にも1500億ウォン(約156億円)を投資し、4GWh規模の2170円筒形バッテリーのラインを増設する。新設・増設生産ラインは来年下期から本格的に量産を始める予定だ。

スポンサードリンク
新しく建設されるすべての生産ラインは、遠隔支援と製造知能化および物流自動化など最新のスマートファクトリー関連システムを導入し、生産性を最大化する方針だ。 LGエナジーソリューションは、今回の投資を通じて約13GWhの生産能力を追加で確保する見通しだ。円筒形バッテリーを採用する完成車と小型電気自動車(LEV)メーカーを対象に、顧客のポートフォリオを積極的に拡張していく計画だ。
http://japan.hani.co.kr/arti/economy/43742.html

2022-06-14-k002.jpg

韓国電池大手のLGエネルギーソリューションが中部・忠清北道の梧倉工場に計7300億ウォン(約760億円)を投じ、米電気自動車(EV)大手テスラに供給する円筒形のEV用新型リチウムイオン電池「4680」などを量産する。来年下半期から本格的な量産体制に入るという。 同社が4680の量産体制構築や生産計画を明らかにしたのは今回が初めてとなる。

4680は直径46ミリ、長さ80ミリの円筒形で、既存の「2170」(直径21ミリ・長さ70ミリ)に比べ、容量が5倍、出力が6倍高く、航続距離を16%伸ばせる。 LGエネルギーソリューションは今回の投資を通じて約13Gギガワット時(GWh)の生産能力を追加で確保し、円筒形バッテリーを採用する完成車や低速電気自動車(LEV)のメーカーを対象に顧客を拡大していくとしている。

関連記事

[ 2022年06月14日 07:54 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
サイト内をキーワードや文書で検索
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp