韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  > 

最新記事

用意周到だったクリントン氏 奔放さ失っていたトランプ氏 重要さを増す2回目の討論会

スポンサードリンク

米大統領選で、民主党のヒラリー・クリントン氏と共和党のドナルド・トランプ氏が競り合うなか、選挙に影響を与えるとされるテレビ討論が26日(日本時間27日)に行われた。 テレビ討論は全3回の予定で、第2回は10月9日、第3回は19日に行われる。10月4日には副大統領候補による討論会もある。 こうしたテレビ討論では、発せられた言葉とともに、態度を見るといい。特に、相手が発言しているときの態度である。

よく知られるのが、民主党のアル・ゴア氏と共和党のジョージ・ブッシュ氏が争った2000年の大統領選だ。議論の内容ではゴア氏がブッシュ氏を圧倒していたが、ブッシュ氏の発言中、ゴアがため息をついたり、首を左右に振って否定的な態度を示したりしたことが傲慢だと有権者に映り、ブッシュが僅差で大統領になった。 今回の討論会でクリントン氏は赤色の服、トランプ氏は青色のネクタイだった。民主党のシンボルカラーが青で、共和党のシンボルカラーが赤なので、くしくも正反対となった。

討論は、クリントン氏が勝ったと思う。CNNによる調査では、クリントン氏勝利が62%、トランプ氏勝利が27%だった。これは、討論中に拍手が起こったのが、クリントン氏に4回、トランプ氏に1回という結果にも表れている。

クリントン氏は用意周到だった。討論会の準備について批判したトランプ氏に、「大統領になるために準備してきた」とクリントン氏が発言し、拍手が起こったことでも分かる。また、クリントン氏の反論はルールどおりの2分以内だったが、トランプ氏は5分近く話すこともあり、冗長感もあった。しかも、クリントン氏は笑顔でトランプ氏の発言を聞いていたが、トランプ氏はクリントン氏の意見を遮る発言も多かった。

[ 2016年10月01日 13:47 ] カテゴリ:国際 | TB(0) | CM(0)

朴大統領に会った孫正義氏「韓国に4600億円投資」

スポンサードリンク

ソフトバンクグループの孫正義会長は30日、朴槿恵(パク・クネ)大統領に会い、「今後10年以内にモノのインターネット(IoT)、インターネット、人工知能(AI)、モバイル、スマートロボット、電力分野で5兆ウォン(約4600億円)を韓国に投資する」という計画を明らかにした。

訪韓中の孫会長はこの日、青瓦台(チョンワデ、大統領府)を訪問し、「韓国の『半導体ファンド』が投資した企業にソフトバンクが共同投資したり海外進出パートナーシップを通じて連係投資する」とし「スマートフォンの97%が最近ソフトバンクが買収したARMの半導体設計を使用しているが、今後のIoT時代にはさまざまな分野に特化した半導体が必要であるため、韓国ベンチャー企業との協業が必要だ」と述べた。

これに対し朴大統領は「韓国は世界最高水準のICT技術力と製造業を保有し、ソフトバンクグループとシナジーを出すことができるだろう」と述べた。また朴大統領は孫会長の「アジアスーパーグリッド構想」(モンゴル砂漠で風力・太陽光から電力を生産してアジア各国に供給)について「北東アジアの国を電力網に連結すれば域内の平和にも大きく役立つはず」とし「この構想を実現するにはエネルギー貯蔵システム(ESS)、スマートグリッド分野との協力が必須であり、力がある韓国企業に特に関心を持って投資してほしい」と要請した。
http://japanese.joins.com/article/311/221311.html?servcode=300§code=300

[ 2016年10月01日 12:59 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(2)

韓国ハンミ薬品の8500億ウォン新薬輸出…独企業の権利返還で中止に

スポンサードリンク

ハンミ薬品の肺がん治療新薬HM61713(成分名オルムティニブ、Olmutinib)の臨床過程で重篤副作用のため患者2人が死亡した。昨年ハンミ薬品からこの薬の技術移転を受けたドイツのバイオ企業ベーリンガーインゲルハイムもグローバル市場商用化を放棄した。

食品医薬品安全処は30日、オルムティニブの臨床過程で重篤副作用のため患者2人が死亡し、1人が回復したと発表した。薬を服用した731人のうち3人(0.4%)に皮膚が腐る異常反応が発生し、うち65歳の男性患者と57歳の女性患者が死亡した。ユ・ムヨン食品医薬品安全処次長は「副作用がハンミ薬品の薬と因果関係があることが明らかになった」と述べた。食品医薬品安全処は4日の中央薬剤師審議委員会で、この薬の臨床試験を取り消すかどうか決める予定だ。食品医薬品安全処はオルムティニブの新規患者投薬を制限する処方注意報を出した。

食品医薬品安全処の発表に先立ち、ハンミ薬品は「オルムティニブのグローバル臨床を進めていたベーリンガーインゲルハイムが前日(29日)、オルムティニブのグローバル(韓国・中国除く)臨床試験・商用化権利を我々に返還し、開発を放棄すると通知してきた」と明らかにした。ハンミ薬品が契約金とマイルストーン(段階別技術輸出料)として受けることになっていた7億3000万ドル(当時の為替レートで8500億ウォン)のうち契約金6500万ドルだけが残り、マイルストーンは取り消しになった。

[ 2016年10月01日 12:40 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
最新コメント
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@mon-news.sakura.ne.jp