韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  中国 >  ハーグで完敗した中国の今後 最悪の事態は核搭載潜水艦の南シナ海派遣

ハーグで完敗した中国の今後 最悪の事態は核搭載潜水艦の南シナ海派遣

オランダ・ハーグの仲裁裁判所は12日、南シナ海における中国の主張や行動は「国連海洋法条約違反だ」として、フィリピンが求めていた仲裁手続きについて、中国側の主張を全面的に否定する裁定を公表した。

中国は、南シナ海のほぼ全域を囲む「九段線」の内側の権益を「歴史的権利」と主張してきたが、同裁判所は「法的根拠はない」と判断した。同海の岩礁上に人工島を造成して軍事基地化している件についても、岩礁は「島」ではなく、排他的経済水域(EEZ)のない「岩」だとし、領海の発生しない「低潮高地」と認定した。

中国外務省は裁定を「無効で拘束力はない。中国は受け入れず、承認しない」と拒否する声明を発表した。中国政府も「南シナ海における活動は2000年以上の歴史がある」との声明を発表した。裁定には罰則など強制的に従わせる手段はない。

懸念されるのは、今後の中国側の対応だ。国際的な非難を受けながらも裁定を無視し、「力による現状変更」を続けるだろう。新たな人工島の造成や、南シナ海上空に一方的に防空識別圏を設定することが予想されるが、最悪の事態は、核ミサイルを搭載の潜水艦を初めて南シナ海に派遣することだ(『ニューズウィーク日本版』7月19日号)。緊張は一気に高まる。


スポンサードリンク


「九段線」は「第一列島線」の下半分と重なる。第一列島線は、九州を起点に沖縄、台湾沖を通って、フィリピン、ボルネオ島の内側の南シナ海を囲む線のことだ。中国海軍が一方的に設定し、その内側を中国の内海にする計画を立てた。突破目標年は昨年2015年とされていた。南シナ海での中国の動きは当然、第一列島線の上半分である東シナ海に連動する。参院選前の沖縄県・尖閣諸島、鹿児島県・口永良部島周辺での中国海軍の日本の領海侵犯などは今後、エスカレートする可能性がある。日中の偶発的な衝突から戦闘に発展する可能性は排除できない。

「防衛白書」(15年度)は「わが国が憲法上保持できる自衛力は、自衛のための必要最小限度のものでなければならない」とする。武器使用は、相手に対し、正当防衛または緊急避難の要件に該当する場合以外はできない。攻撃力を持つ兵器も保持できない。自衛隊は軍隊ではなく、警察力でしかないからだ。 しかし、このような状態が許されるのは、本来、主権国家であれば当然に行うべき自国防衛の大部分を在日米軍に依存しているからだ。憲法9条改正を不問に付す幸せな時代は終わろうとしている。
ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160715/dms1607151550003-n1.htm

【管理人 補足記事&コメント】
モンゴル訪問中の安倍晋三首相は15日、中国の李克強首相と会談した。両首脳はアジア欧州会議(ASEM)首脳会議に参加するためウランバートルを訪れている。  中国が南シナ海で主張していた主権や権益について、オランダのハーグにある仲裁裁判所は今週、国連海洋法条約に基づきこれを否定する判決を示したばかり。中国はその後、日本に対し南シナ海をめぐる問題で介入しないよう警告していた。
 
日中の総理と首相会談は8カ月ぶり。習近平と李首相の亀裂がある中、安倍総理と李首相で何が話されたのかは興味があるが…。李首相は習近平と違って外交に適した人材だが、テロ問題がきっかけで、日中の協力項目が出来たのは事実。何れ内容が公開されるだろう…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年07月15日 18:44 ] カテゴリ:中国 | TB(0) | CM(1)
今は威勢の良い中国共産党指導部も、考え直すチャンスですよ
今日現在、南シナ海では両国併せて、400隻弱の軍艦がまさに睨みあっている、1発の砲弾、1発のミサイルの誤射が相手の艦艇の近くに落ちただけでも始まる、まさに緊迫した状態
日本の海自も東シナ海に潜水艦と併せて10隻以上は任務についているはず、日本のバカなマスコミに悟られないように、秘密裏に行動している、米国海軍は大日本帝国海軍以来の海戦となる、やる気まんまんである
中国海軍は海戦経験が無いので、原子力潜水艦であろうが全て沈められる、2日もあれば片がつく
沢山の水兵の屍が海に浮かぶ、想像しただけでも恐ろしいこと、指導者の意見の違いが戦争になる

まして米国経済は絶好調、中国経済は絶不調、この後、中国が態度を改めなければ、経済制裁に入る,順次段階をあげていく
国際会議においては中国は各国から非難されるので会議にも出なくなる、国連も脱退と言いだすかも
大日本帝国の歩んだ道と同じ、違うのは大日本帝国は73万人の尊い若者の犠牲の元、満州の権益を手に入れた、国民に対して国際社会の言う通りには簡単に満州を手ばなせなかった、
中国はまだ人命の損失は無い、まだ引き返せる、メンツもプライドもここはひとつ目を瞑ることだが、軍が、共産党の命令を拒否するかも
大日本帝国も経済制裁されて8ケ月、ワシントンに何度も話合いを打診したが一切拒否、大和民族の生存権の大問題、打って出るしかなかった、310万人余の人命の犠牲、そして敗戦。今の日本国がここにある、70年も過ぎてしまった、復興には長い時間が係る、

今の中国を説得出来るのは日本人の経験を語ること、戦争は何も生まない、普段、でしゃばりの老害と呼ばれる元総理経験者達、親中派の二階議員なども、ここが出番なのですがね、肝心の時は知らん顔ですか、
[ 2016/07/15 21:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp