韓国経済.com

韓国の政治及び経済・日本の政治及び経済について、情報を提供します。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治 韓国芸能 ショップ
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  グレンジャーIG事前契約初日に1万5973台の契約

グレンジャーIG事前契約初日に1万5973台の契約

現代(ヒョンデ)自動車の新型グレンジャー「グレンジャーIG」(写真)が、現代自の史上最大の事前契約台数を記録した。今年1年間の内需低迷や労組スト、自然災害による生産支障、セタIIのエンジン品質を巡る議論で大きな打撃を受けた現代自は、久しぶりににっこりと笑った。

3日、現代自は、「グレンジャーIGの事前契約を始めた2日の1日間で、計1万5973台の契約が交わされた」と発表した。これは現代自が、国内で事前契約を行った歴代車種の中では最大の記録だ。それまでは2009年に発売した「YFソナタ」が1万827台でトップだったが、グレンジャーIGはこれを5000台ほどさらに上回っている。また、現代自は全国約830か所の営業所で、1ヵ所当たり一日で19台以上のグレンジャーIGの契約が交わされたと明らかにした。

現代自は、以前のモデルに比べ、一段とダイナミックに変わったデザインや新たに適用されたカスケーディンググリル、現代スマートセンサーなど、最先端の利便・安全機能が消費者の好感を買ったものとみている。また、メディアやソーシャルネットワークサービス(SNS)を通じた攻撃的マーケティングや、オンライン上ウェブムービー「特別勤務」にグレンジャーIGの間接広告(PPL)を行うなどの活動も、販売増加に影響を及ぼしたと明らかにした。

実物デザインの公開当時、オンライン上では、「高級輸入車に比べてもそん色のないデザインだ」という好評が続いた。現代自の関係者は、「低迷している内需市場を『グレンジャーIGブーム』で打開していきたい」と語った。
http://japanese.donga.com/List/3/02/27/774327/1


スポンサードリンク


【管理人 補足記事&コメント】
グレンジャーIGは、先月発売された「ホットハッチi30」に初めて適用された「カスケ―ディンググリル」を前面部に適用した。韓国陶磁器の曲線から取ってきたカスケ―ディンググリルは、今後発売される現代自のすべての車種に適用される予定だ。後部は、かつてのモデルでテールライトを横につなげたデザインを維持するものの、よりシンプルに変えた。また、二つのテールライトを繋ぐ真ん中の部分も、照明が入るように変えた。

現代自は、自動緊急ブレーキシステム(AEB)、後側方衝突防止支援システム(ABSD)、不注意運転警報システム(DAA)など、計6件の安全や利便補助装置で構成された「現代スマートセンス」を、グレンジャーIGに初めて適用した。エンジンは、ラムダII3.0GDI、R2.2e-VGT、セタII2.4GDIの3種類が適用される。

最近、米国で欠陥を巡る議論が起きたセタIIのエンジンが搭載されたことについて、同日、現代自の関係者は、「国内で生産されるセタIIのエンジンは何ら問題がない」と言い、「欠陥議論が起きたことについて謝罪する」と語った。発売は11月半ば以降を予定しており、価格はまだ公開されていない。

日本は高齢化の波で軽自動車やハイブリッド車が売れている。 自国経済が鈍化になり、高齢化社会で財布のひもが緩まない状態だ。それでも年間500万台を売るわけで、今年はさすがに500万台を切るという予想だ。平均年収が日本の半分程度の韓国では、自動車販売台数はほぼ人口比並みである。軽自動車ではないわけであるから、せめて車くらいはという贅沢が家計負債をより高めるのではないか…。本来高級車などに乗れる生活レベルではないわけで、何とも不思議なのだが…。



関連記事

スポンサードリンク
  

ブログパーツ
[ 2016年11月04日 10:21 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

サイト内をキーワードや文書で検索
スポンサードリンク
人気記事
スポンサードリンク
最新コメント
お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp