韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  アップル次期iPhoneで「トリプルカメラ」搭載か、5倍ズームも

アップル次期iPhoneで「トリプルカメラ」搭載か、5倍ズームも

アップルは2017年に発表した「iPhone X」で顔認証機能を搭載し、iPhoneの歴史に革新をもたらした。報道によると、同社は今年発表する最新モデルでまた新たな一歩を踏み出そうとしている。台湾メディア「Economic Daily News」はサプライチェーン関係筋の話として、アップルが新たに投入するデバイスに、5倍の光学ズーム機能を持つトリプルカメラを背面に搭載しようとしていると伝えた。

iPhone XとiPhone 8 Plusには2倍の光学ズームレンズが搭載されていた。次期モデルにトリプルカメラが搭載されれば、アップルは競合メーカーと大きな差別化を果たすことになる。トリプルカメラはスマートフォンの写真のクオリティを、劇的に向上させるポテンシャルを持っている。ファーウェイの最新端末「P20 Pro」は、史上初のトリプルカメラ搭載スマートフォンとして大注目を浴び、カメラ専門情報サイト「DxOMark」において空前の高評価を獲得している。P20 Proのカメラは暗い場所での撮影性能でアップルやサムスンを上回り、光学3倍ズームを可能にしている。

アップルが自社製品にトリプルカメラを搭載するのは自然な流れといえる。報道によると同社は既存のiPhoneとは異なる6Pレンズのカメラシステムを新たに開発し、独自のイメージプロセッサと組み合わせるという。これらを考え合わせると、2018年に発売されるアップルのフラッグシップ端末(これが「iPhone X Plus」になる可能性が高い)は、写真のクオリティが大きなセールスポイントになりそうだ。


iPhone X Plusは6.5インチの大型ディスプレイを搭載し、価格はiPhone Xよりもさらに高額になるとみられている。このところカメラの性能面で競合に遅れをとってきたアップルが、トリプルカメラの搭載に踏み切るのは必然の流れだ。
http://news.livedoor.com/

経済日報の報道によると、2019年モデルの新型iPhoneのうち最低1機種では1200万画素の背面カメラが搭載される。このカメラには6P構造のレンズが採用され、なんと最大5倍ズームが可能だという。ただし、この最大5倍ズームはデジタルズームを含んだスペックの可能性もあるので、注意が必要だ。「iPhone 8」では最大5倍のデジタルズームが可能なので、おそらくこちらはデジタルズームを含めての最大5倍ズーム、という意味と考えるが…。

Huaweiの新型スマートフォンP20 Proの背面のトリプルカメラシステムです。800万画素の3倍望遠カメラと2000万画素のモノクロカメラ、4000万画素のカラーカメラが組み合わされている。さらにそのセンサーサイズもiPhone Xのメインカメラの2倍以上、「Galaxy S9」よりも170%大きいというスペックです。レーザーによるオートフォーカスは範囲が30フィート(約9m)と従来機の3倍にまで延長され、新型の色温度センサーはホワイトバランスの適正化に役立ちます。Galaxy S9と同等の960fpsでのスローモーション撮影も可能で、AppleやSamsungより優れた光学3倍ズームとなる。中国スマホメーカーも高い技術を駆使している。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年04月12日 10:05 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp