韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  日本経済 >  中国ファーウェイのスマホはなぜ日本で人気となったのか

中国ファーウェイのスマホはなぜ日本で人気となったのか

スマホの世界は、ひと頃まではiPhoneを擁する米国のアップル社とアンドロイド陣営の韓国のサムスン社という対立軸だった。世界のスマホ販売台数シェアで言っても1位サムスン、2位アップルだが、現在、そのアップルを僅差の3位で追うのが中国のファーウェイだ。

サムスンやアップルのスマホは、日本ではNTTドコモ、au、ソフトバンクの通信キャリアとの結びつきが強いが、海外ではキャリアとの契約に縛られない、SIMフリースマホの利用者が日本に比べて多い。iPhoneのシェアが圧倒的な日本は、世界から見れば特殊なお国柄だともいえ、キャリアとの契約ではないSIMフリーのiPhoneを使っている人は、まだ少数派だろう。それでも近年、月額料金がキャリアとの契約よりも抑えられるため、SIMフリー端末の利用者は増えてきているが、全体の契約者数から見れば10%弱というボリュームだ。この内訳を見ると、ファーウェイが躍進している。

たとえば2016年度のSIMフリー市場のシェアは、1位が台湾のエイスースで29.4%、ファーウェイは16.1%だった。ところが2017年度の上期にはファーウェイが26.1%、エイスースが22.7%と逆転し、2017年度通期ではファーウェイは31.5%(いずれの指標もMM総研調べによる)まで伸ばしている。


実際、直近の価格比較サイトのスマホ人気ランキングを見ると、お手頃価格のファーウェイ「P10lite」が上位を堅持し、20位までにファーウェイの端末は6機種もランクイン(エイスースは3機種)していた。ファーウェイとエイスースの勢いの差は、最近両社が日本に投入した新製品にも表れている。

エイスースの「Zenfone5」シリーズ3機種が従来通りSIMフリー端末なのに比べ、ファーウェイの「P20」シリーズは、「P20lite」がau向け、「P20Pro」がNTTドコモ向けで、何とSIMフリー端末は投入されなかったのだ。SIMフリー端末のユーザーからは「ガッカリした」という声も聞かれるが、メーカーのファーウェイからすれば、キャリアに採用されたことで、iPhoneやサムスンの「ギャラクシー」と同じ扱いに“格上げ”されたという思いだろう。
http://news.livedoor.com/

カメラ機能。ファーウェイはハイエンドモデルでカメラメーカーのLeicaと組み、デュアルレンズで高品質な仕上がりがウリ。「HUAWEI Mate 10 Pro」は、ファーウェイのスマートフォンの中でもハイエンドに位置付けられるモデル。CPUは同社が開発したクアッドコアのKirin 970を採用。このCPUはAI対応CPUとも呼ばれており、専用のNPU (Neural-Network Processing Unit) を搭載。写真の判定などを高速かつ低電力で処理できるのが特徴だ。カメラは背面がデュアルレンズで、両方とも同じセンサーを搭載しているが、片方はカラー、もう片方はモノクロと役割分担されている。片方をモノクロセンサーにすることで、より明るさの感度が高くなり、明るい場所での白とびや暗い場所でのつぶれなどを抑えて、クッキリとした写真を撮影できる。

ディスプレーは6型の有機ELパネルを採用し、解像度は1080×2160ドット。アスペクト比は最近のハイエンドではスタンダードになりつつある18:9。指紋認証センサーを背面に配置しているため、上下も含めて狭額縁を実現しており、ディスプレーの専有面積が大きいのもポイントだ。SIMスロットはデュアル仕様で、いわゆるDSDS(デュアルSIM、デュアルスタンバイ)に対応しているが、microSDカードスロットはなく、写真や動画といったコンテンツも含めてすべて内蔵ストレージに保存する必要がある。そのほかIP67の防水・防塵にも対応するので、水気のある場所やアウトドアでも安心して使用できる。実売価格:8万4000円前後となる。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年05月27日 16:06 ] カテゴリ:日本経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp