韓国経済.com

韓国経済を中心に北朝鮮・中国・台湾・日本そしてアメリカの経済状況を説明するサイトです。
韓国経済 韓国社会 韓国政治 日本経済 日本社会 日本政治
韓国経済.com TOP  >  韓国経済 >  韓国で笑った任天堂…下降するIBM

韓国で笑った任天堂…下降するIBM

ゲーム会社の任天堂の支社、韓国任天堂は売上高1000億ウォン(約10億円)台を回復した。韓国任天堂が6日に金融監督院電子公示システムに公示した監査報告書によると、昨年度(会計年度2017年4月-2018年3月基準)の売上高は1250億ウォンだった。前年(392億ウォン)比218.8%増えた。 韓国任天堂の売上高は2009年に2942億ウォンでピークとなった後、下降していた。売上高1000億ウォン台の回復は2011年以来6年ぶり。営業利益も昨年91億ウォンと、前年(56億ウォン)比で62.5%増加した。

韓国任天堂が反騰したのは、昨年12月に韓国で正式発売された新型コンソール用ゲーム機スイッチのためだ。韓国で10万台以上売れた。スイッチ用ゲームも20万個以上売れたと推定される。ゲーム業界の関係者は「スマートフォンの利用者が増えて任天堂のゲーム機とゲームを求める人が大幅に減ったが、スイッチの成功で反騰のきっかけをつかんだ」と説明した。スイッチはテレビにつないでゲームをするだけでなく、本体を取り外して携帯しながら楽しむこともできる。任天堂本社の売上高も大きく増えた。昨年1兆556億円と、前年比115%増となった。

世界最大の企業用ソフトウェア会社SAPの韓国法人も好実績を継続した。SAPコリアの昨年の売上高は3881億ウォンと、前年比14.7%増えた。2015年から毎年、最高売上高を更新している。昨年の営業利益は194億ウォンと、前年比で378.0%増加した。主力製品の全社的資源管理(ERP)ソリューション、サービス型ソフトウェア(SaaS)の販売増加が好実績につながった。


韓国IBMは不振が続いている。かつて年間売上高1兆2000億ウォンを超えたが、昨年は8000億ウォンを割った。昨年の売上高は7886億ウォンと、前年(8141億ウォン)比3.1%減少した。営業利益も同じ期間、577億ウォンから403億ウォンへと30.1%減少した。IT環境がサーバーなどを構築するのではなく借りて使うクラウド中心に変わり、IBMの主力事業のハードウェアおよびソフトウェア、ソリューションなどの業況が振るわず直撃弾を受けたという分析が出ている。 実績は悪化しているが、本社への配当金はむしろ増えた。韓国IBMは昨年、本社に配当金名目で881億ウォンを支払った。昨年の営業利益の倍以上だ。前年(722億ウォン)より増えた。
http://japanese.joins.com/

任天堂の株価下落が続いているが、テキサス州本拠の世界最大のゲーム販売店「GameStop」のバイスプレジデント、Eric Brightは業界メディア「GamesIndustry.biz」の取材で、「E3開催の週に、小売店でのスイッチのハードの売上は2倍に伸びた。任天堂のE3での発表は失敗ではない。『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』は予約注文数ランキングのトップに立とうとしている。また、ポケモンの最新シリーズ『ポケットモンスター Let’s Go! ピカチュウ』や『ポケットモンスター Let’s Go! イーブイ』も非常に高い評価を得ている」と伝えている。

そんな中で任天堂は7日、1983年発売の「ファミリーコンピュータ(ファミコン)」を小型で復刻させた家庭用ゲーム機の特別バージョンを発売した。漫画誌「週刊少年ジャンプ」の創刊50周年を記念したもので、「ドラゴンボール」や「キャプテン翼」「キン肉マン」といった往年の漫画キャラクターが活躍する懐かしのファミコンゲーム20タイトルを内蔵している。

関連記事

ブログパーツ
[ 2018年07月09日 12:46 ] カテゴリ:韓国経済 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
スポンサードリンク
お問い合わせ

お問い合わせ
管理人 MON
連絡先 monma@asahinet.jp